[妊娠生活]切迫早産気味で自宅安静

spasfon

妊娠後期に入り、お天気も春夏日和で体調も良くて、安産のためにもウォーキングしようと毎日散歩に出かけるようにしてました。

つわりの時期も終わって、調子に乗って毎日のように出かけていたのがいけなかったのか、お医者さんから自宅安静と診断が。ガーン。

事件は妊娠33週目に突入した日。

義母が引越の手伝いなどで家に来ていて、一緒にお出かけしたりして家に戻ってきた時、股間をつ〜と液体が流れ出る感覚が。自分の力では止められず、まさか破水!?と思ったけど、破水は大量に出ると聞いていたので、量的には破水ではなさそう。

まさか尿漏れと思ったけど、アンモニア臭もしない。

今日は特にお腹の張りも頻繁に強く感じる。

もしものことがあったらと思い、産院の助産師さんに電話すると、念のためすぐ来て下さいと言われて産院に行くことに。

病院につくと、破水や感染症かどうかの検査をされ、お腹の張りを観察するためのモニタリングをされました。

検査の結果、破水ではなかったので一安心。

ただ、子宮頚管 29mmで短くなっているので、自宅安静することとのお達しが…。

ガーン。

1週間前の検診では子宮頚管 40mm以上で大丈夫と言われていたので、1週間で10mm以上短くなっていたみたい。

このまま短くなっていくと、36週までに生まれてしまって早産の可能性も。

入院するほどのことではないけど、処方箋出すから37週前まで助産師さんに週2回経過を観察しに家に来てもらうようにとのこと。

こちら”Spasfon(スパスフォン)”という張り止めの薬を処方されました。

1日3回各2錠。

spasfon思い起こせば、色々な手続きだったり、家の片付けとか新しい家具とかキッチンのリノベーションとかで、身体と赤ちゃんにかなり負担がかかっていたのかも。

休憩や睡眠もしっかりとっていたのにも関わらず、妊婦の身体ってデリケートなんだな〜と。

赤ちゃんごめんよ。

健康に生まれてきてもらうためにも、36週まで安静にしておきます…。

自宅に来てもらう助産師さん探さないと〜!

 

マタニティ生活、どんなに調子良いと思っていても、いつ何が起こるか分かりませんね。

みなさんも体調にはお気をつけて!

[オススメ関連記事]

ではまた〜♪

 

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

4 件のコメント

  • saolinさん、大丈夫ですか?
    赤ちゃんの為、そしてsaolinさんのお体の為にも
    ゆっくり静養されてくださいね。

    また遊びに来ます!

    • framboiseさん、いつもありがとうございます!!

      自分は元気なのに、動きたくても動けないなんとも複雑な心境ですが、赤ちゃんの為にじっとこらえてます^^笑

      framboiseさんもお身体に気をつけて!

      また遊びに来て下さい〜♪

  • それはそれは心配やったやろなぁ。
    わたしも後期安静だったよー。
    暇だけど、そんな『暇』という時間、産んだらもう無いし、
    どうぞ無理せず暇をエンジョイしてくださいな。

    さおりんから教えてもらった「放置は45分まで」のはなし、
    ママ友にしたらめちゃウケて一盛り上りしました。

    • わー、いせさんだー!!
      コメントありがとうございます!!

      子宮頚管とか切迫早産とかグーグルで調べまくって、時に悲しい誕生死とかのブログに行き着いて超絶ブルーになったり、寝ながらも喜怒哀楽が激しいThe妊婦状態です(笑)

      いせさんも後期安静だったんですね!?

      お『暇』さん、この際とことんエンジョイします!

      「放置は45分まで」、根拠と真相について今度助産師さんに聞いてみたいと思います。
      いや〜、フランスの子育て、他の武勇伝もありそうなので色々情報仕入れるのが楽しみです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Saolin

    フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。
    「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。