フランス、出産前のベビー服購入について☆サイズ・デザインどう選べばいい?

6月に産まれた我が家のベイビー、9月になり早くも3ヶ月になりました。

時間が過ぎるのが早過ぎる!

しかも、3850gというビッグで生まれて、すくすくと成長し、ますます巨大に。

1ヶ月にして3ヶ月用の服がちょうどよくて、2ヶ月半からすでに6ヶ月用の服を着てました。

生まれる前からエコーで大きめ赤ん坊だということを先生から予言されていたので、出産前に赤ちゃんの服のサイズ、何を買ったら良いのか結構悩みました。

フランスで出産準備☆初めてのベビー服購入で気をつけること」でも共有した、

  • 新生児用サイズのベビー服に投資しすぎないこと

という教えを守って良かったな〜と過ぎ去ってみて本当にそう思います。
忘備録として、買って良かった服、悪かった服を共有します。

出産前のベビー服購入サイズ

新生児(0ヶ月)用はほぼ不要

image
7ヶ月(日本式の8ヶ月)の時のエコーで、出産時3500gぐらいになるかもねーとビッグベビー予言されていた赤子。

なので、新生児用は生まれた時にすぐ着せる帽子とカーデガンと靴下の3点セットのみ。

いや〜正解でした。

この3点セットは3回ぐらい着ただけ。

imageパジャマを下に着せていたので、靴下はなくてもよかったです。

下着(ボディ)3着、パジャマ3着でなんとかなる。

最低、3着揃っていれば何とかなります。

1枚着せて、1枚洗って、1枚予備って感じでやってました。

毎日洗濯できる環境だったらこれで十分。

特にフランスは乾燥しているので、部屋干しでもすぐ乾きます。

うちは1ヶ月用は下着2着、パジャマ2着、3ヶ月用下着2着、パジャマ2着買って、生まれた時から1ヶ月用と3ヶ月用ごちゃまぜで着せてました。

あと、6月生まれで、その後猛暑だったので、夏場は日中はオムツだけ、夜は下着だけでパジャマはほとんど着せませんでした。

お出かけ用の服も、1ヶ月ぐらいまでだと、ほぼ家にいることが多かったり、出かけても短時間だったりするので、ほぼ不要です。
image

image

出産後はショッピングに行く時間もないですが、1〜2ヶ月過ぎると大分余裕が出てくるので、出産前は1ヶ月用、大きめの子だと3ヶ月用まで買っておいて、それより大きいサイズは生まれた後に買い足しに行けば間に合います。

出産前は最低限購入して、生まれてから必要になったときに買い足すのが無駄のない購入方法だと思いますよ〜。

もらえる、貸してもらえるベビー服があれば、喜んで、もらって、貸りて、しまいましょう。

せっかくの第一子だから新品を着せてあげたいって思うかもしれませんが、お下がりで貰える、借りれるのがあったら、甘えましょう。

本当に1ヶ月用の服なんて、着せてあげられるのは一瞬です。

せっかくのブランドのお高いベビー服でも、1回しか着れなかったということを体験。

そんなんだったら、もう少し大きくなってから良い服買ってあげるとか、その分貯金するとか、他の使い道をした方が絶対良いです。

パジャマでオススメのデザイン

ベビー服ってカワイイデザインのが沢山でつい見落としがちなんですが、”着せやすや”は忘れてはならない買うときのポイントです。

パジャマは後ろボタンのタイプがオススメです。産院の助産師さんからもオススメされました。

image

前には何もボタンがついてないやつ。IMG_6351

こんな感じです。image

前開きで斜めにボタンが付いた↓のを買ったんですが、着せにくかった〜。足のところがひっかかるんです。
image

入院中にお風呂あがりに着せてくれた助産師さんにも、オシャレなのは良いんだけど、とにかく着せにくいのよね〜と言われました。

後ろ開きのさっき紹介した型のものが、クラシックなんだけど一番着せやすいのよ〜と。

知らなかった〜><

ついつい可愛さで選んでしまっておりました。反省。

実際、着せにくいのは可愛くてもどんどん着せなくなっていって、2回ぐらいしか着せてないのもあります。

これから購入するみなさん、ぜひ着せやすさ重視で購入してください。

赤ちゃんのタメでもあります。

 

出産前のベビー服購入についてでした♪
オススメあれば教えてください〜☆
ではでは〜☆

Salut !!

*おすすめ記事*

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。