ウェットティッシュより◯◯!?フランスのおしりふき事情

出産準備の時に、オムツ替え時のおしりふきのためにウェットティッシュを大量に買ってたのですが、産院で使ってたらウェットテッシュはオススメしないと言われ、ガーン。。。

てっきりおしりふきはウェットティッシュしかないと思ってたんですけど!

助産師さんにオススメされたのは、コットンに水を湿らせて拭き、その後にオリーブオイル配合のこちらの液体をコットンにとって拭き取る方法。

LIMINENT OLEO-CALCAIRE STABILISE

image
薬局で買えます。

↑はボトルタイプで、↓は小分けになったタイプ。
image

小分けのは外出や旅行の時に便利。image

image

黄色がかったベージュ色の液体です。
image

ウェットティッシュは肌を痛めて乾燥させてしまうみたい。

フランスは乾燥してるからな〜。

この方法にしてから、おしりが赤くなりにくくなりました。

オイルのパワーすごい。

フランスで出産予定の方、育児中でおしり拭き探してる方、オススメですよ〜☆

ではまた〜☆Salut !!

*オススメ記事*

 

♥️Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! みなさまからのコメント(ページ下)お待ちしております^^(個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m)

▼Instagramフォローはこちら⇒ @saolin7

▼Twitterフォローはこちら⇒ @saolin7

2 件のコメント

  • instaglamのけいこです。日本とフランスでは育児用品も全然違いますね。オイルだったらしっとりするしいいですね。
    フランスの子育てや育児用品興味あります。

    • けいこさん、コメントありがとうございます!
      日本もフランスも、先進国だから育児用品もほぼ同じだろうと思ってたら、全然違ったりしてビックリです。
      日本だと湿気が多いからウェットティッシュでも大丈夫なのかもしれないですね。逆におしりカサカサになっちゃう赤ちゃんはオイル使うと良いかもです!
      フランスの子育てや育児用品、私もまだまだ開拓中ですが、また共有しますね〜^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    フランスのアルプス(ローヌ・アルプ)地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と2人の息子(4歳と2歳)とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。