[フランスで出産]陣痛〜病院に行くまで

フランス式予定日(日本の予定日より1週間遅い)を過ぎて1日目の夕方、陣痛が来ました。

前日に病院で検査してもらった後にあった出血は、検診後の出血ではなく、どうやらおしるしだったのかもしれません。

あと、おりものもいつもとは違い透明なネバネバしたものになってきていました。

陣痛が来たその日、朝起きてからすぐ10時ぐらいにふと眠気がきて、これはもしかして出産の前兆かと思い、お産に備えてお昼までまた2時間ぐらい寝ました。

妊婦の勘は鋭いですね。

この勘が当たりました。

 

お昼ご飯を食べ、午後はクマさんと一緒に近くの公園までお散歩。

陣痛だと気づいたときは10分間隔の陣痛がきたとき。

午後7時。

何か生理痛の重い感じの痛みがするなーと。

この時点でまだ確信は持てず。

それから次第に間隔が5~10分に。

痛みは30~40秒ぐらい続きました。

次第に痛みが増してきて、これは陣痛だと確信し、9時頃病院に連絡。

今のうちにシャワー浴びて荷物の準備などして、もう少し家で様子を見てみてと電話口の助産師さんから言われ家で待機。

いつも落ち着いているクマさんが、いよいよということでかなり動揺していて、いらぬものを荷物の中に入れようとしていたりアタフタしていて(笑)、母は強しというか、ツッコミを入れている意外と冷静な自分にビックリしました。

私の場合、5~10分の陣痛の痛みは、普通に日常動作に支障がないぐらいの痛みでした。

11時頃には3~5分間隔の陣痛に。

痛みが続くのは1分間ぐらいに。

この時には、痛いという感じ。陣痛がきている時は動作を止めてないと辛いです。

出産準備で通ったヨガのクラスで習った腹式呼吸を意識して痛みを逃がすように呼吸すると楽でした。

また病院に連絡すると、病院に来るようにと言われました。

image

用意していた入院グッズを最終確認しながらバックに詰め込みます。

いざ荷物を持って病院に出発。

真夜中12時頃に病院に到着。

赤ちゃんの心拍数とモニタリング、子宮口の開き具合をチェック。

この時点で4cm子宮口が開いていました。

助産師さんから、4cmまで開くまで家でよく頑張ったねと言われました。

赤ちゃんの心拍も元気そう。

モニタリングの機械から出てくる紙に陣痛が波打つように記録されていて、これがやっぱり陣痛だったんだ〜と確信。

今までの前駆陣痛とはやはり違い、納得。

<次回につづく>

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。