フランスで妊娠:つわりに効くショウガのクスリ!?

妊婦をまず苦しめるのが、妊娠初期のつわり。

私もつわりがあって、一日中だるーい感じだったのですが、基本的に食べつわりだったのでそんなに重くはなかったです。

ずっと何かしら食べていたのですが、妊娠12週ぐらいに産婦人科に行った時に体重がマイナス1キロ。

つわりは一時期に比べたら落ち着いてきていたのですが、

先生が心配して、こんな薬を処方してくれました。

maternov

imageつわり止めの、妊婦でも害がないショウガの薬。

こんなのあるんだったらイチバン辛かった時期にもっと早くもらっておけば良かったー!

1日4回(6時間置き目安)飲むのですが、ショウガ原料だけあって、口にカプセルを入れるとショウガの匂いが広がる。

ショウガ嫌いな人には辛いかも。

これで、元々つわり軽くなっていたものの、クスリでかなりつわり楽になりました。(私の場合、完全にはつわりなくなりませんでしたが…)

フランスで妊娠されてつわりがある方、先生に相談して処方してもらうと良いかもしれません。

 

日本にもこういう薬あるのかな??

妊娠初期って、薬が胎児に与える影響が大きいのもあって、色々制限されるけど、こういうつわり止めの薬って有り難い!

image

 

生姜が原料のクスリなので、もしかしたら、生姜湯とかでも効くかもしれませんね!?

つわりと格闘している方、負けないでいきましょー!!

くれぐれも、妊婦の方が薬を服用される場合はかかりつけのお医者さんにご相談くださいね。

[オススメ関連記事]

ではまた〜! A bientot!

 

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。
「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。