アメリカ産のとは一味違う!フランス、グルノーブル産のクルミ

Bonjour !!

妊娠後期の体重増加がヤバいこの時期、いかに身体に良く、腹持ちが良い食べ物を食べるかについて悩んでいるさおりん(@saolin7)です。

くるみ(胡桃)の名産地、フランスのグルノーブル

健康にも美容にも良いとされるクルミ

アーモンドやピーナッツなど他のナッツ類には含まれていない、

オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)の一種のαリノレン酸が多く含まれているんです。

このαリノレン酸、

食用油では亜麻仁油えごま油グリーンナッツオイルにも
多く含まれていますが、

血液中の脂質濃度を下げたり、

悪玉コレステロールを下げたり、
中性脂肪を下げる働きがあるそう。

またクルミには抗酸化作用もあるんだそうですよ。

実は私が住んでいる、フランスのアルプス、ドーフィネ地方のグルノーブルは、

クルミの名産地として有名なんです!

我が家にも常にグルノーブル産のクルミが常備してあります。

我が家では、

そのまま食べたり、

サラダと一緒に食べたりしています。

日本で良く売っているカリフォルニア産などのアメリカ産のくるみとは風味が違うんですよ。

もちろんクルミにもよるんですが、

グルノーブル産のくるみは、

くるみ独特のえぐみが少なくて、

甘味が強いのが多いです。

そして香り豊かなのが多い。

そのまま食べるのもよし、

ヨーグルトに入れて食べるのも美味、

ケーキやパン作りにもオススメですよ!

日本に帰国するたびに、

お土産として買って帰ってます☆

日本でも手に入るみたいなので、

気になる方はぜひお試しあ〜れ♪

 

グルノーブル名産のくるみ♪
アメリカ産のとは違って、小ぶりで苦みが少なく甘味が強くて、そのまま食べるのにもお菓子やパン作りにもオススメです。

ではまた!

Salut !!

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。