[フランス生活]日本に帰国した時はこんな日本食たちを買い占めてます

フランス在住の日本人の方、日本に帰国した時どんな日本食をお土産に買って帰ってますか〜??

年末に日本に帰国したとき、我が家はこんなに買い占めてきましたよ♪

IMG_2634

もはやカオス。笑

なので、分類してご紹介します。

独断と偏見で、個人的に重要度が高い順にご紹介していきますよ〜!

カレールー

IMG_2652

フランスでも買えるんですが、日本の2倍以上の値段でしかもS&Bのゴールデンカレーとかしかないんですよね。

カレー大好きで、しかも作るの超楽なんで、毎週のように食べている我が家。

色んな種類のカレールーを買い占めていってます。

高野豆腐、鰹節

IMG_2659

大好きなんです高野豆腐。

しかし、これがなかなかフランスではお目にかかれません。

鰹節はフランスでも日本食屋さんで替えますが、とっても軽いのでスーツケースにスペースがあれば重量的には負担になりません。

おまけにおいなりさんも買いました〜♪

ゆずポン酢

IMG_2663

ゆずポン酢、これクマさんが大好きなんですよね〜。

しかも、フランス人に結構ウケが良くてですね。

サラダのドレッシングなんかで使うと、みんな美味しい美味しいって。

食わず嫌いのクマさんのお母様も、ゆずポン酢だけは美味しいっておっしゃってましたよ。

右下に写っている「馬路村のゆずの村」のゆずポン酢は美味ですよ〜♪

グルノーブルではゆずポン酢は手に入らないですね。

ゆずポン酢風のドレッシングみたいのは一度見かけましたが…。

そば そば そば

IMG_2662

麺類なんですが、そばを絶対買って帰ります。

もちろん日本食屋さんで手に入るんですけど、かなり高いんですよ。

2人前で5ユーロ近く、600円とかしますから。

クマさんが怒濤のように食べる我が家では、そんなの買っていたら破産です。

うどんとそうめんは、まあまあそこそこの値段で良いのをアジア食材店で見つけたので手に入るんですよね。

そばは韓国産のと中国産のしか見つからなくて、激マズだったのでもう買いません。

ちなみにうどんは最近手作りするようになりました。

結構イケますよ。

しかも小麦粉安いですからね、フランス。

そば粉もフランスあるので、今度そばも手作りしてみようかな…。

 

茅の舎のだしとつゆ

IMG_2660

「茅の舎」知ってますか?

これ結構お高いんですが、超美味しいんですよ。

超本格的かつ上級の日本食を作りたい時には「茅の舎」さまさま。

ここのダシを使えばプロ顔負けの美味しいお味噌汁ができます。

「茅の舎」はいくらなんでもフランスでは手に入らないので、日本で調達。

フランスでだし買おうと思ったら、ごくふつうの日本だとそこらで買えるのが「茅の舎」のと同額はするのでね。

あんまり高いとは思わないですよ。このクオリティだったら。

お米

IMG_2644

巻き寿司作る時など本格的な日本米が恋しい時用に。

荷物になるし重いので、スーツケースに余裕がある時は日本から持っていきます。

フランスで、本当の日本米買うと結構なお値段しますのでね。

 

その他

その他はこんなの買ってますよ〜♪

IMG_2647 IMG_2648 IMG_2649 IMG_2650

ラーメンらぶ♪IMG_2651

パスタはめちゃくちゃ安く手に入るので、大好きなたらこ・明太子のスパゲティソースは必需品♪IMG_2653

IMG_2654 IMG_2655 IMG_2657 IMG_2658 IMG_2661 IMG_2666 IMG_2669 IMG_2693

地元のご当地お菓子も調達♪
IMG_2668

帰国から3ヶ月近く経って、あんなに買った日本食も半分ぐらい無くなっている…。

近々家族がフランスに来るかもしれないので、その時買ってきてもらおーっと♪

みなさんはどんなの買っているのかな〜?

次回は日本で買ったベビーグッズについてご紹介しますね☆

 

ではまた☆

Salut !!

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。