[フランスで出産] ビッグボーイが生まれました!

前回ブログ「[フランスで出産]陣痛〜病院に行くまで」「[フランスで出産]産後の病室はこんな感じ」、「[フランスで出産]分娩室に行ってから生まれるまで」の続きです。

陣痛が始まってから14時間後、無事男児を出産できました。

お腹から出てきた赤子、赤子の文字の通り、本当に真っ赤だった!

血まみれで、血を拭き落としても皮膚が赤みがかってて。

狭い産道をはるばる通って、大変だったんだろうな〜。

生まれた瞬間は本当に感動という言葉で言い表せない何とも感慨深いものでした。

助産師さんによると、赤ちゃんのお腹に2重でへその緒が絡まっていたそう。

へその緒は、パパになったクマさんがカット。

お医者さんから予想されていた通りのビッグベイビーでした。

エコーから3600g予想だったのが、

なんと、3850g!!

これが、うちの赤子です。

image

これからも、赤子、ブログともどもよろしくお願いします♪

ではまた♪

Salut !!

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。