フランスでお祭りに行ってきたよ!La fête des Tuiles(瓦のお祭り)

私が住んでいるグルノーブルGrenobleで6月6日(土)にお祭りがありました!

La fête des Tuiles(瓦のお祭り)

その名も「La fête des Tuiles」。

Tuiles(テュイル)は「瓦」を意味して、題して「瓦のお祭り」。

image

何万もの人が参加して、最初の開催としては大成功だったそうです。

”La fête des Tuiles(瓦の祭り)”は、フランス革命が起きる前年、1788年6月7日のグルノーブルでの歴史的革命日“La journée des Tuiles(瓦の日)”に由来するも。

王令への抗議として7日に反対派による暴動が起き、反対派の中には屋根上に乗り部隊に“瓦”を投げつけた人々がいたことから”瓦の日”と名付けられたそう。

1788年5月からパルルマン(高等法院)を改革するという王令への抗議が増加。同年6月7日に、グルノーブルのパルルマンのメンバーが彼らに亡命を命じる封印状を受け取ったというニュースが広まった時、動揺は暴動に発展した。市民は通りに繰り出した。警鐘に怯え、手助けに隣の村々の農民が駆けつた。守備部隊と反対派にの間に激しい対立が起き、屋根上に乗り部隊に瓦を投げつけた反対派の人々がいた。官邸は襲撃され、これに屈服し、パルルマンの集会を許可することとなった。

http://www.larousse.fr/encyclopedie/divers/la_journ%C3%A9e_des_Tuiles/180648

いやはや、フランスは革命の民族ですね。

image image

道には、子ども達によるチョークのアートが!
image

カラフルで芸術性溢れるものが沢山!
image

街はお祭りモード。
音楽が溢れていました♪

ダンスをしている人も♪

日本も花火大会とかお祭りごとが多くなる夏。

夏はやっぱり良いですね〜♪

みなさん良い1日を☆

Au revoir !!

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。
「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。