フランス公立の幼稚園スタート!お昼はお家で一緒にお昼ご飯!?

2015年に生まれた我が家の長男坊。

3歳になり、無事入園前にオムツも取れて、今年2018年9月からフランスの公立幼稚園に晴れて入園しました♪

入園式などはなく、初日から普通に登園。

人見知りなので、パパのふくよかなお腹まわりに隠れ少し泣きながらも、無事行きました。

田舎の公立の幼稚園。

長男坊が入る年少さんのクラス(プチ・セクション)はひとクラス22人。

普通からしたら少なめです(噂によると普通はひとクラス28人ぐらいいることが大半だそう)。

園庭では楽しそうに駆け回ってました♪

幼稚園の廊下、オレンジカラー♪

入園初日の持ち物は

・お着替え(お漏らしなどしちゃった時に備えて)

・室内履き

のみでした。

 

お昼ご飯は幼稚園で給食を食べさせることもできますが、お家に連れて帰って食べさせてもOK!

長男坊が通う幼稚園は我が家から500m弱、徒歩6分、自転車で1分という近距離。

私が在宅仕事で時間の融通が利くのと、お昼はおうちで食べたいと本人も言ってるので、お昼ご飯は一緒に家で食べています。

お昼休憩の時間11:50に迎えに行き、自宅でご飯を食べさせ、13:30に再び幼稚園に送り届けます。

朝と夕方の送迎含めると幼稚園に1日4回行っています。近いから良いけど、これが結構ハード!あっという間に1日が過ぎるのです!!

ちなみにこちらは、息子の通う幼稚園からもらった1日のスケジュール表。

 

 
上が幼稚園で、下が小学校、の登下校の時間表です。

息子の幼稚園は8:20スタート、16:10終了です。

幼稚園の門は、基本的に登下校の時間それぞれ10分間しか開いてません。
毎回、門が閉まる前に息子を送り、そして迎えに行くのがミッション。

靴履きたくない、このズボンやだ、など、あーだこーだ言う息子たちをなだめながら、毎日が戦いです。笑

*おまけ*

最近めっきり冷え込んできました。
雪も降って、息子たちは嬉しそう☃️


寒さに耐えかねたのか、息子たちを乗せる自転車の荷台に、ノラ猫ちゃんがいつのまにか乗ってました。
この寒さじゃ、猫もこたつで丸くなりたいよね、うん。

では、またー!
Salut!!

♥️Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! みなさまからのコメント(ページ下)お待ちしております^^(個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m)

▼Instagramフォローはこちら⇒ @saolin7

▼Twitterフォローはこちら⇒ @saolin7

▼saolinの欲しい物リスト(パトロン募集中)

saolinのAmazon.co.jp欲しい物リスト

saolinのAmazon.fr欲しい物リスト

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス(ローヌ・アルプ)地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と2人の息子(3歳と1歳)とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。