在仏4年目の私が考える、フランス語の【効率的な学び方】と【オンライン語学学校の活用】

みなさん、こんにちは!

Saolinです。

フランスに住み始めてかれこれ4年になります。が、毎度まいど壁にぶち当たるのが【フランス語】

かなり難しいです。。。

ある一定のレベルができる・理解できるようになると、また更なる壁が押し寄せて、渡仏当初よりはかなり上達したものの、まだまだ全然だ〜〜〜>< 

というのが4年目の実感です。

語学学習に終わりはありません…。

フランス語を学ぶメリット

そもそもフランス語を学ぶメリットって何だろう?

日本に住んでいるとあまり実感しませんが、実は世界中でかなり使われているんです。

そして、今後もフランス語を話す人は増加すると予測されています。

フランス語圏が特に多いアフリカの人口増加にともなって、2050年には現在の約3倍にあたる7億1,500万人に使用されるだろうと推測されています(フランコフォニー国際機関調べ)。

フランス語を習得しているということは、職業や仕事においてもメリットをもたらします。

フランス語は国際連合の公用語としても使用されていて、英語の次に有用性が高いとされてます。将来、国際公務員や国際関係のキャリアを視野に入れている人は、ぜひとも習得しておきたい言語です。

また余談ですが、フランス語ができると、アメリカやイギリスの割と上流階級の人から尊敬されることもあります。というのも、上流階級の人はフランス語を嗜んでいることが一種の教養になってるみたいなこともあるらしいのです。フランス語ができるというと、英語圏の人から尊敬のまなざしを受けるかもしれませんよ…。

効率的なフランス語学習方法

「フランスへ旅行に行きたい」

「フランスの文化が好き」

「フランスで働くことになった」

「フランスで学びたい」

「フランス語がとにかく好き」

「いつかパリに住みたい」

「フランス人の彼氏が欲しい」

などなど、

フランス語を学びたいという動機は人それぞれだと思います。

また、学び方も人それぞれだと思います。

私が思う効率的な方法は、ざっくり言うと2つ。

①実践あるのみ!

「フランス語圏に住んでいる・いない」「フランスに留学したことがある・ない」などの問題ではなく、いかに「フランス語に触れたか」「場数を踏んだか」が重要だと思います。

例えば、「フランスに旅行するためにフランス語を学びたい」んだったら、買い物やレストランで使えそうな会話から覚える、とりあえずフランス旅行に一度行ってみてモチベーションを上げ課題を見つけて勉強する、などなどフランス旅行に役立つフランス語に触れる機会を増やすことが大切だと思います。

フランス在住歴が長いと、フランス語も上手になるのではと思われるかもしれませんが、フランスにたとえ3年、10年住んでいようとも、積極的にフランス語を使わないと全然上達しません。フランス在住歴とフランス語のレベルは必ずしも比例するものではないのです。フランス語圏にいても、自己努力は怠ってはならないのです・・・。

②文法からやらない!

フランス語って動詞の活用が主語によって変わったり、女性名詞や男性名詞があったり、文法から始めると、まず挫折します。反面、本屋さんのフランス語コーナーでは、文法から教える教材や書籍が山のようにあるのも事実。

実は、フランス人でさえ文法を間違えることが多々あります。

フランス語学習において、文法が超重要事項であることは否定しません。文法で始まり文法に終わると言っても言い過ぎではないです。

ですが、「私、文法大好き〜〜〜」っていう文法マニアな方以外は、

  • 簡単な会話
  • 映画に出てくるワンシーンのセリフ
  • 日常表現

など、実際に使われる「表現をそのまま覚えて行く」のが良いと思います。まるで、赤ちゃんが現地の言葉、母国語を吸収するような感じで。

フランス人も全くしゃべれない赤ちゃんの状態からスタートし、2〜3歳からあんな難しいフランス語を少しずつしゃべれるようになっていくんですから、日本人にだってできないことはありません。

要は、やったか、やらなかったかの問題。

自分が目指すべきフランス語能力を身につけるために、【自分がモチベーションの上がる学習方法を開拓すること】が、フランス語を学ぶ時とっても重要です!

オンライン語学学校という手段

「フランス語を学びたいけど、どうしたらいいかわからない」

「フランス語は参考書見てやってるけど、なかなかできるようにならない」

自力での学習には限界がありますよね。

私の場合、在仏4年目というもの、渡仏してから語学学校に一度も通ってなかったんです。

仕事で使えるレベル、資格を取れるレベル、大学院に行けるレベルなど、ある一定のレベルを目指すには、

自分で勉強するだけではそろそろ限界を感じています・・・。

そこで、調べてみました【オンラインで受講できるフランス語学学校】

「フランス語もっと学びたい!」「オンライン語学学校ってどうなの?」と思っている方、ぜひご参考にしてみてください。

オンライン語学学校のメリット&デメリット

なぜ、オンライン学校?

わたしの場合は、田舎在住で近くに語学学校はなし。

在宅で仕事、子ども2人の通園送り迎え(そのうち1人はお昼ごはんを家で食べる)、家事や家の工事などなどもありかなり忙しいので、場所と時間の融通がきくオンライン語学学校はかなり魅力的。

フランス、日本、その他の国問わず、私と同じ状況でフランス語学びたいって人には、オンライン学校という選択肢はメリットがあると思います。

また、近くに通学型の語学学校があるよ〜って人でも、「通学時間を節約したい」「通学型の語学学校がやっていない時間に受講したい」って人にとって、オンラインで学べるっていうの良いですよね。

さらに、フランス現地のフランス語学校に通うよりも、日本や日本語で運営されている語学学校の方が、日本語に精通したフランス人講師がいたり、「日本人がしがちな間違え」「日本人特有の発音矯正」などにも慣れているため、より密に対応してもらえる可能性もあります。

オンライン語学学校のメリット

大きくわけて下記6つがメリットとして挙げられます。

  • ネットさえつながっていれば、自宅等で場所を問わず受講できる
  • 語学学校へ通学する移動時間を節約できる
  • 自分の都合の良い時間にレッスンを受けられる(早朝や深夜にやっている学校も有り!)
  • 通常の語学学校(通学タイプ)より安い価格設定
  • 語学学校へ通学する移動時間を節約できる
  • 地方や田舎に住んでいて、近くに語学学校(通学タイプ)がないという人でも受けられる
  • 基本的にマンツーマンで指導してもらえる

オンライン語学学校のデメリット

今のご時世、仕事や学校、大学なんかもオンラインでやりとりすることが多くなっているので、オンラインでのデメリットって特にないかなと思うのですが、強いてあげると下記です。

  • 直接、面と向かって先生からフランス語のレッスンを受けれない
  • ほとんどがマンツーマンタイプなので、仲間や良きライバルができにくい
  • 強制力が弱まるので、レッスンをさぼる可能性が高まる(←ここは個人のやる気次第ですが…)
  • 強制力が弱まるので、フランス語を学びたいという自身の強い意志が必要になる

日本人向けに運営されているオンライン語学校3校比較

日本人向けに運営している3校を調べてまとめてみました。

アンサンブル・アン・フランセ Ensemble en français

HPより

自習用のフランス語教材「フランス語ビデオ講座」の作成元であるEnsemble en Français は、Skypeを用いたオンラインフランス語学校です。2010年開校以来、日本だけでなく世界中に住む2,000名を超える生徒にレッスンを提供してきた。

https://kyouzaifr.com/about/
 →フランス語ビデオ講座【アンサンブル・フランセ】

特徴

  • 365日24時間レッスンが受けれる
  • マンツーマンだけでなくグループレッスンもあ
  • リーズナブルな価格(30分1,500円〜、50分2,500円〜)
  • フランス人講師豊富、講師の研修あり
  • レッスン開始の12時間前まで予約・キャンセル可能、日時や講師の絞り込み検索も可能り

入会金について

有り:10,800円(割引や無料になる場合もある)

個人的な感想

個人的に良いと思ったのは、グループレッスンもがあること!通常、オンライン語学学校だとマンツーマンのレッスンが多いので、オンラインでグループレッスンがあるというのは、仲間を見つけたい方やモチベーション上げたい方などにはおススメです。

24時間受講可能って良いですね!教材も販売してるようなので、初級文法や基礎からじっくり学びたいという方、また試験対策やガッツリ学びたいという方にも良いかも!


アンサンブル・アン・フランセのホームページはこちら

フレンチファスター

HPより


こちらの学校も無料通信ソフト「スカイプ」を利用したオンライン・フランス語学校です。

フレンチファスターはフランス語学校としてシンガポールを拠点に10年以上の実績があり、英語圏向けはシンガポール、米国、ロシア、豪州など、全世界の沢山の生徒様に対してオンラインスクールで高い成果をあげております。日本人が苦手とするポイントも押さえています。講師陣は元フランス領で、英国領でもあった「モーリシャス」在住だからフランス語も英語もネイティブ。そしてフランスよりも物価が安いから実現できるプライス!

https://frenchfaster.jp/

基本的に英語をベースにフランス語レッスンを行うそうです。



特徴

  • 日本時間11〜24時間にレッスンが受けれる
  • 講師陣は元フランス領で、英国領でもあった「モーリシャス」在住だからフランス語も英語もネイティブ
  • リーズナブルな価格(1回25分930円〜)
  • 予約は3日前の24時まで。 キャンセルはレッスン前日の24時まで可能

入会金について

無し

個人的感想

先ほど紹介したアンサンブル・アン・フランセよりも安い料金設定。

講師はフランス語にも英語にも精通していて、授業は英語ベースとのことなので、英語がある程度出来る方でフランス語勉強したい方、もしくは英語とフランス語を両得したい方には良いかもしれません。

個人的には、モーリシャスのアクセントが少し気になりましたが…。


フレンチファスターのホームページはこちら

フランティア

HPより

オンラインのマンツーマンで講師から学べるフランス語学校です。講師がモロッコやチュニジア在住なため、価格やとても安いです。

「毎日話せるフランス語」をコンセプトに、気軽に話せる価格にこだわりました!
 入会金・テキスト代金等の追加代金も一切ありません。
 様々なプランをご用意しておりますので、ライフスタイルや学習目的に合わせて自由な受講スタイルをお選びいただけます。

http://frantiere.com/

特徴

  • 料金が格安(25分386円〜)
  • 予約締切は12時間~6時間前(講師により異なる)、キャンセル期限は12時間前まで
  • オリジナルテキスト使用

入会金について

無し

個人的感想

レッスンが破格で受けられますね。予算限られてる方や、気軽に受けたいという方には良いかも!

フランティアのホームページはこちら

まとめ

以上の3校を比較すると、

  • とにかく値段は安く抑えたい人→フランティア
  • 英語も一緒に学びたい、もしくは英語ができるから英語と関連づけながら学びたい人→フレンチファスター
  • フランス人講師が良い人、時間や講師に融通がきくところがいい人→アンサンブル・アン・フランセ

が良いと思います。

フランス語を学びたい人が100人いたら、学ぶ動機や目標は人それぞれ。

フランス語を学ぶ人が100人いたら、学び方は100通り。

フランス語をオンライン学校で学びたいという人が100人いたら、その人にあう学校や先生の選び方も人それぞれ。

フランス語を使いこなしたい、マスターしたいという方、ぜひあなたにぴったりのオリジナルの方法を見つけ出してくださいね♬

じゃ、また〜!

Salut !!!

おすすめ関連記事




♥️Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! みなさまからのコメント(ページ下)お待ちしております^^(個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m)

▼Instagramフォローはこちら⇒ @saolin7

▼Twitterフォローはこちら⇒ @saolin7

▼saolinの欲しい物リスト(パトロン募集中)

saolinのAmazon.co.jp欲しい物リスト

saolinのAmazon.fr欲しい物リスト

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス(ローヌ・アルプ)地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と2人の息子(3歳と1歳)とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。