[フランス育児] 育児疲れからなんとか復活しました…

みなさまおはようございます。

なんとか復活しました。

というか、寝たらイヤだったことの50%ぐらい忘れることができました。笑

単純すぎる自分に飽きれるわ。苦笑

一人ベッドにこもって最近ご無沙汰していたネットサーフィングをしつつ、メールとかはシャットダウン。

時々クマ子が遊びにやってきます。

子どもってやっぱり癒しですね。

なんていうんでしょう、泣きわめいてもう勘弁してくれ〜と思っても許せちゃう…、ずばり”愛”ですかね。

 

最近はクマさんの仕事が忙しくて、フランス人なのに土日も仕事をやってることが多い。

そんなこんなで四六時中クマ子と一緒にいることが多くて、自分の時間が取れなくて、しかもクマ子が時期がそういう時期なのもあるんですが私がずっといっしょにいないと泣いたり、一緒にいても泣いたり。

いつもだったら笑ってスルーできることが、スルーできず。

自分の中の限界値を越えてしまいました。

こういう「自分の中の元気スイッチがプチっと切れちゃうこと」って子育てママにはあることなのかな?

こどもが小さいうちは「子育てに専念」ってよく言うけど、私は自分のやりたいことを我慢しているとストレスが溜まるたちだということがつくづく分かりました.

専業主婦とか無理です。尊敬します。

私には才能がありません。

幸運なことに育児をしつつも仕事をもらって在宅勤務でできているんですが、自分のしたい量より圧倒的に少ない。

回りのフランス人ママたちは産後も3ヶ月〜半年で復帰してバリバリ生き生きと働いているのとかみると、羨ましい〜って思うんですよ。

もちろん、心の片隅では、そこまでバリバリ働かなくてもいい絶妙に良いポジションにいるやないか!とか思ったりもするんですけど。

無い物ねだりですね、はい。

 

昨日つくづく思ったのは、海外転勤の配偶者に子ども連れで付き添って行くママ(パパ)たちはスゴイ!ということです。

だって、自分と関係のない異国の地で、ましてや言葉も分からないところで、そんでもって自分が好きなわけでもない場所で、生活送るんですよ。

しかもただでさえ大変な子育てを同時並行で!

もう尊敬です!

私なんかは、配偶者がフランス人でフランスに住んでいて、自分が望んでこの国に来てそんでもって子ども産んだから、なんてこっちゃない。

だけど、付き添って行く人たちは我慢をしつつ彼らの旦那さん(奥さん)と一緒に過ごすために異国の地にわたるんですもん。

海外駐在妻ステキ〜!!とかいうけど、若干ちょっと羨ましい感じもしないでもないけど、見えないところでストレスとか凄いだろうな〜と。

そんなことをフと思ったら、自分の悩みがちっぽけで馬鹿らしくなってしまって。

 

最近ご無沙汰している、TV番組「世界の日本人妻は見た!」。

日本に住んでた時、ほとんどテレビ見なかったのですが、フランスに来てからなぜか日本のTVが恋しくなってYouTubeで時々見てるんですよ。

今日は世界の辺境で苦労しながら暮らしてる日本人妻のみなさんを見て、元気をもらおうと思います。

 

世界中で子育てしてるママ仲間さん、ともに戦いましょう!

そしていつもブログを見てくれているみなさんに感謝!

 

みなさん良い一週間を☆

Salut !!

 

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。