フランスに移住してみて思った、効率的なフランス語日常会話勉強法

avion

フランスに移住して、はや10ヶ月が経とうとしています。

大学の第二外国語で中国語とどっちを選択しようか散々悩んだあげく、選んだフランス語。

まさか、フランス人と結婚し、その約10年後にフランスに移住するなんて、その時は考えてもいませんでした。

初めてフランスを訪れたのは、22歳の時。

ツアー会社のパッケージ旅行で、これおフランス的なパリ、ロワール、モンサンミッシェル周遊の旅でした。

学校で習ったフランス語使うぞーと意気込んでいきましたが、パリジャンのマシンガントークに私がそれまで学んだ”ジャパニーズな”フランス語は跡形も無く打ち砕かれていきました。

”使えるフランス語が学びたい。”

その時こう思いました。

帰国してから、なるべくフランス人が話すネイティブのフランス語に触れようと映画だったり、フランス人がいる国際交流サークルだったりに参加したりするようにしました。

移住した今、まだまだ修行中ですが、怠け者の私でも生活するのに不便ないフランス語が話せるまでになりました。

勉強嫌いの私がいざフランスに移住して生活して思った、フランス語日常会話をマスターする方法についてまとめたいと思います。

文法好きな方とか、勉強好きな方にはタメにならないと思うので、どうぞお引き取りください〜。

とりあえずこの8つさえ言えれば生きていける

フランス語って、動詞の活用がとてつもなく面倒だったり、文法から入るとくじけます。

フランスではとりあえず、これさえ言えれば生きていけます。

  1. Bonjour  ボンジュー(こんにちは)
  2. Merci メルシー(ありがとう)
  3. Au revoir オルボワ(さようなら)
  4. Bonne journée  ボン ジュルネー(良い1日を)
  5. Oui ウィ(はい)
  6. Non ノン(いいえ)
  7. Çava ?  サヴァ?(元気?/大丈夫?)
  8. – Ça va, ça va. サヴァ サヴァ!(元気!/大丈夫!)

これさえ言えずにフランスで生活できている日本人を知ってます。(その分、彼は英語を駆使していますが…)

文法書を勉強するよりも、お気に入りのフランス語映画を字幕付きで20回観る方が良い

日本語で書かれたフランス語教科書って、どこかお固い感じがするのは気のせいでしょうか?

良く教科書でみる「Comment allez-vous?  コマンタレブー(ご機嫌いかがですか?)」とか、使うことは使うけど、頻度が低いです。

外国語を器用に操る友人に話を聞いたら、彼らは映画を使っていました。

字幕を駆使しながら、何回もお気に入りの映画をみて空でセリフが言えるぐらいに覚えています。

そして覚えたのを間違っても気にしないで使っています。

読み書きの能力はそんなに身に付きませんが、会話力は身に付くこと間違い無しです。

あと、フランスネットさんやフランスニュースダイジェストさんの下記のサイトも映画のスクリプト付きでオススメですよ。

映画で学ぶフランス語講座

http://www.france-jp.net/02info/11kouza/index.html

映画のセリフから学ぶフランス人に負けないフランス語

http://www.newsdigest.fr/newsfr/colonne/french-in-films/backnumber.html

上の「フランス人に負けないフランス語」のサイトをやってるみ〜ささんの本↓も、日常で使えるのが多いので、オススメです。フランスに旅行行くって人にも良いと思います♪

 

フランス人と付き合う

愛はちから。

フランス語に限らず、外国語を身につける手っ取り早い方法は、「身につけたい外国語を話す人と付き合うこと」。

私もパートナーのクマさんから沢山学びました。

あのジェーン・バーキンは、セルジュ・ゲンズブールの腕の中でフランス語を習得したと言ってますよ。

愛する人に伝えたい、分かってもらいたい、もっと理解したいと思うと、自ずと語学習得のモチベーションもアップしますよ。

とりあえずフランスに来てみる・住んでみる

もし将来フランスに住みたい、パリで生活したい、と思っている人がいたら、まず来てみることをオススメします。

住むために、留学をしたり語学学校に行ったりするのは必ずしも必要ありません。

フランスに移住する前に「フランスに移住するんだ」と日本人にいうと、「フランスに留学したことあるの?」と良く聞かれました。

フランスに移住するのに、留学経験や資格とかいりません。

現に、私の回りにいる在仏日本人の方も、ひょうなことがきっかけでフランス人と出逢って結婚してフランス語も話せないままフランスに来たという方多いです。今ではフランス語ペラペラに話せています。

移住する国の言語を全然話せなくてもそのままその国に移住しちゃうフランス人やアメリカ人など山ほどいます。

まとめ

いろいろ話してきましたが、こんな私もフランスに移住する前は、フランス語の学校行かなきゃとか文法勉強しなきゃとか思ってました。

でもいざフランスに来ると、フランス語とか全くできなくても生きている人たち、そして私のつたないフランス語を理解しようとしてくれるフランス人がいたり、フランス人でもフランス語間違えていたり、”こんなんで良いんだ”と思えるようになりました。

フランスの適当さ、バンザイ!

日本のちょっと生真面目な感じに疲れた方には、フランスほど適当でストライキが多い国は、良い意味でも悪い意味でも(笑)オススメですよ〜♪

ではまた☆

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

5 件のコメント

  • はじめまして。
    ひょんなことから、こちらのサイト見つけ拝見させていただきました。

    私はAustraliaのPerthに住み始めてもう少しで3年になろうとしている、30代です。

    このサイトにたどり着いたのは、ここに移住しているフランス人男性に出会ったからです。彼は友達の友達で、home partyで知り合いました。今から1ヶ月ちょっと前です。その時には8月から半年ほど、フランスに帰ることが決まっていました。

    Partyのあと、2人+1匹(彼の犬)でお茶をして、その後頻繁に連絡を取っていたわけではありませんが、この2回目に合った時に向こうから彼氏はいるのか?いないなら、僕はどぅ?といった感じに彼氏候補をアピールしてきました。私も気になったので、partyの後会う約束をしたのですが、会って間もないし何となくスルーしていました。行為はとっても嬉しかったのですが。

    3回目は友達をまじえてもう一度、その後フランス出発前に会いました。この時もまた彼氏候補をアピールしてきました。でも6ヶ月も離れてたらダメだめ?とも。。。
    さおりさんの記事の中で、フランス人は思ったことをその時に言うと書いてありましたが、確かにそうかなと思いました。

    フランス出発数日前に会って、その後出発前は忙しいと言ってメールの返事もなく、私的には彼氏候補アピールの、返事をしたかったのですが(もちろんYes=))

    私もこれから2ヶ月帰国予定です。
    その間にフランスに行けたらいいのですが。。。向こうは仕事をやめて半年もフランスに帰ると言っていましたが、やっぱりフレンチはこんな感じにみんな自由なんっしょうか?
    長文失礼しました。

    • Takakoさんこんにちは!
      初めまして。

      ブログへのコメントありがとうございます。

      AustraliaのPerthに住んでらっしゃるのですね〜!
      オーストラリアはいつか少しでも住んでみたいと思っている国なので羨ましい!しかもPerth一度は行ってみたいと思ってた都市。

      さてさて、本題ですが、自分の旦那を含め、色んなフランス人男性を見てきましたが、本当フランス人でも千差万別。
      Takakoさんがおっしゃってるように、風のごとく自由な人もいれば、律儀な人、あと愛情表現豊かな人もいれば口下手だったり愛情表現が少ないフランス人男子がいるのも事実。
      仕事をやめて1〜2年世界を放浪するって人も結構いますよ。
      あと、合理主義のお国柄なのか、基本的に興味のない異性と出かけたり、彼氏候補アピールはあんまりしないように思います。

      6ヶ月離れるとダメかな〜と思ってしまいますよね。でも、Takakoさんの彼に対する気持ちが一番大切だと思います。

      遠距離恋愛の末に結婚した日仏カップルが私の知り合いに結構いるのですが、最長はなんと8年!凄い〜!!
      フランスの自由人でも遠距離恋愛してるみたいです。

      後々後悔しないように、Takakoさんのお気持ちに正直に行動してみて下さいね。

      うまく質問にお答えできてるか分かりませんが…。

  • こんにちは!
    1週間前にフランスの片田舎に旦那の赴任にチビを連れて、やってまいりました!
    渡仏はわかっていたものの、本を片手間に目を通す程度で、覚悟が全く足りませんでした。笑
    早くフランス語を話せる、せめて聞けるようになりたいです!
    チビももうすぐ1歳なので、赤ちゃん教室⁉︎なんかに通わせたい‼︎そんな夢を持ちつつ、早くフランスに慣れたいです。

    字幕付きのフランス映画、探してみます‼︎

    • KIKIさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      フランスへようこそ♪^^
      片田舎いいですね〜、どちらですか?
      ただの渡仏でさえ大変なのに、1歳の赤ちゃん連れての渡仏、色々ご苦労も多いですよね…>< 1年半いて慣れてきたといえども、私も日々フランス語と格闘です…。泣 私は最近赤ちゃんと参加OKのフランス語教室とやらに通い始めました^^ ともに戦いましょう!笑 字幕付きフランス映画ぜひ探してみてください。 またフランス語学習の情報アップしてきますのでまたブログ遊びにきてください〜☆

  • こんばんは!
    フランスはまだ昼間(夕方)ですね(^^)
    家族がフランスに在住しています。

    子どもがもう少し大きくなったら夏はフランスに滞在していたいですね~。
    だって日本の夏は超蒸し暑いんだもの(笑)

    マルシェへ行ったりなんでもないスーパーへ行くのが好きですね。

    でも長期休みや祝日にしっかりお店(一部・個人)が休みになるのは、今の日本になれている人は不便かな。
    慣れでしょうが、ある祝日に・ある事情でパンを買い求めパン屋を約10件ほどはしごした過去有り(^^;)

    私たち(子どもを含めて)がフランス語を話せるようになるのが大事だけれど、七か国語話せるフランス人が日本語を覚えた方が早いと思うんだけれどなぁ・・・とぼやき(^^)

    でも、フランス人でも幼児には言葉の壁はないので、ノープロブレム(*^^*)

    (抱っこ?)という手を伸ばせば(うん!抱っこ)という手を伸ばしてくる。この辺りは世界共通化も!?

    なんていっていられないしね♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Saolin

    フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。
    「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。