[フランスで出産]産後の病室はこんな感じ

前回ブログ「[フランスで出産]陣痛〜病院に行くまで」のつづきです。

真夜中12時頃に病院に到着してから、色々チェックしてもらって、まだお産まで時間があるからということでお産後お世話になる病室に案内されました。

病室は相部屋か個室を選べたのですが、私たちは個室を選びました。

相部屋だと追加料金なしなのですが、やっぱり個室の方が気が楽。

私がお世話になった病院は旦那さんも同室に泊まることができます。(折りたたみ式の小さいソファベッドみたいなのがあります)

新しく生まれる赤ちゃんと家族水入らずで過ごせるに越したことはないです。

フランスの出産の入院費はセキュ(社会保障)でまかなわれるのですが、個室を選んだりすると追加料金がかかります。

セキュ以外に別途ミュチュアルという追加の保険に入っていると、この追加料金分を負担してくれたりします。

私はミュチュアルに入っているのですが、私が入っているミュチュアルは追加料金分の30%を負担してくれました。

(ちなみに、5日間で追加料金15,000円ぐらいでした。)

これ↓が個室です。

image

とっても清潔感ある部屋でカラフル。

赤ちゃんのベッドから、オムツ替え台、トイレ・シャワーまで全部完備。image

トイレの横にはシャワーが。しきりが何もないのが日本人には違和感だけど、これで良いのか…。image

本当はもっと広めの個室のはずだったのですが、電気が何故かつかず、こちらの個室に。フランスでは良くあります…。

ちなみにこれ↓は2人同室の相部屋の場合です。image

ベッドの間にしきりが。

あまり混んでいなければ、相部屋を選んでも、結果一人で使うということもあるみたい。

 

ここで色々荷物とかをしまい込み、痛みを和らげるためにちょっとシャワーを浴びたりして、1時間後にまた分娩室に来てと言われました。

<次回につづく>

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

2 件のコメント

  • 調子はどうですか?
    わー!きれいなほうの部屋ですね。自分が泊まったのはナースステーション近くのもっと古い感じのザ・病院って感じの部屋でした。帝王切開だからナースステーション近くだったのかなと自分を納得させています。笑

    • Tさん、コメントありがとうございます!!

      これ、きれいなほうの部屋でしたか!
      たしかに帝王切開だとできるだけナースステーション近くの方が良いですもんね。
      どんな基準で部屋の割り振りしてるんだろう…。
      私の時は、担当の助産師さんが適当に部屋見回して、空いていてソファベッドある部屋の前通った時に、“じゃあココで”みたいな適当な感じでした。笑
      ナースステーション近くの部屋も改装してくれれば良いのに…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Saolin

    フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。