美しいだけじゃない!参考にしたいフランスのママセレブ女優3人の生き方

芸術の国フランスの映画界で活躍する女優で、ママでもある、マリオン・コティヤール、メラニー・ロラン、ソフィー・マルソーをご存知ですか?

日本ではあまり知られていないかもしれませんが、フランスで賞賛、共感を呼んでいる彼女たちの女優として以外の活動や生き方をご紹介します。

 

マリオン・コティヤール Marion Cotillard

@marioncotillardがシェアした投稿


フランスの国民的女優でもあり、アメリカ・ハリウッドでも大活躍中の国際派女優。

フランスの俳優で映画監督のギョーム・カネとの間に、2011年に生まれた5歳の男の子(マルセル)と2017年に生まれた0歳の女の子(ルイーズ)のママでもあります。

彼女のインスタグラムでは、子育て風景が垣間みれます。

Sunday nap!

@ marioncotillardがシェアした投稿 –

息子さんのわんぱくぶりが、うかがえますね。

「Dior」のバッグのミューズとしてモデルを務めたり、歌手としてミュージック活動をしていたりと、女優にとどまらず幅広く活躍しています。

あまり日本では知られていないかもしれませんが、実は彼女はエコロジストとして環境問題に熱心なことでもフランスでは知られています。

国際環境保護団体NGOグリーンピースのメンバーでもあり、環境問題に関する会議やイベントに積極的に参加しています。

“Se maquiller, c’est se déguiser, pas se cacher. – Marion Cottilard / Ciné Live – Décembre 2001 ”

「メイクをすること、それは変装すること。隠すことではない。ー マリオン・コティヤール」

出典:SE MAQUILLER, C’EST SE DÉGUISER, PAS SE CACHER.

 

 

メラニー・ローラン Mélanie Laurent


女優として、また映画監督としても活躍しているメラニー・ローラン。
2013年には男の子(レオ)を出産した一児のママでもあります。

彼女も多彩で、シンガーとしても活躍しています。優しい、とても美しい歌声の持ち主です。

エコロジストとして一面も持っている彼女。

ママになったことを契機にエコロジストとしての経験を活かし、「自分の子どもがより良い未来に生きるためには何をすべきなのか」という思いから、未来の幸せなライフスタイルを模索したドキュメンタリー映画『Tomorrow』を制作。

フランスで最も権威のあるセザール賞にも輝き、劇場観客100万人動員を突破した話題作となりました。

より良い未来のために、新しい革命を起こそうとしてる彼女の生き方から目が離せません。

“J’AI ENVIE DE PARTICIPER À UNE RÉVOLUTION CITOYENNE. – Mélanie Laurent”

「市民革命の一員として行動したい。− メラニー・ローラン」

出典:http://www.femininbio.com/agir-green/actualites-nouveautes/melanie-laurent-interview-militante-rebelle-73958

 

 

ソフィー・マルソー Sophie Marceau


エキゾチックな顔立ちが美しい、フランスの女優・映画監督。
1966年生まれ、50歳という年齢を感じさせません 。

フランスでも人気が高く、世界的にも活躍する彼女、最も売れている女優ともいわれています。
1995年には長男、2002年には長女を出産しているママでもあります。

あまり知られていませんが、彼女は社会貢献活動も熱心に行っており、病気を患っている子どもたちを応援するフランスの団体「Arc-en-Ciel(虹)」で活動しています。

“What I am interested in is the present time. – Sophie Marceau”

「私が興味のあることは、今現在よ。 − ソフィー・マルソー」

出典:Sophie Marceau Quotes

 

最後に

フランス革命を起こした人種だけあって、不平不満は発言するし、同意できないことに対してはNon(ノン)とはっきり言い、現状を良い方向に変えることに対する情熱を注ぐフランス人。

そんなフランスの女性に人気のセレブは、見た目はさることながら、マインドや生き方がしっかりしている人だったりします。

美しいだけにとどまらず、女優として、ママとして、その才能を余すことなく発揮している今回紹介した3人の生きざま。

セレブ・女優という知名度を良い意味で活用して、自分が正しいと思ったことは、全力で正しいと訴え、行動する姿がとても勇ましいです。

筆者自身も、彼女らの生き方に感化されて、私生活では環境に配慮した商品やオーガニック商品を購入するようになりました。

ママになったことで、今まで関心のなかったことに興味を持つようになったり、生き方が変わった方も多いと思います。

フランス女優たちの生き方をひとつの参考として、この記事を読んでくれているママたちそれぞれの素敵な生き方を模索してほしいと思います。

 

 

♥️Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! みなさまからのコメント(ページ下)お待ちしております^^(個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m)

▼Instagramフォローはこちら⇒ @saolin7

▼Twitterフォローはこちら⇒ @saolin7

▼saolinの欲しい物リスト(パトロン募集中)

saolinのAmazon.co.jp欲しい物リスト

saolinのAmazon.fr欲しい物リスト

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と2人の息子(2歳と0歳)とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。