[ドイツ旅行]ドイツ来たら見るべき隠れた名所。マインツのシャガールのステンドグラスがある教会

ドイツ3日目。

今日もあいにくの天気ですが、

雨が降ってないだけ良いよね。

ってことで、街中にお散歩へ♪
image
マインツ来たら必見の、マインツ大聖堂
image
威厳がありますね〜!

マインツ大聖堂も良かったんですが、個人的に気に入ったのはこの教会。

image
サンクト=シュテファン教会。
中心地から少し離れた小高い丘の上にあって、外見はいたって普通の教会。
が、中に入ってみると、
ブルーの世界が広がってるんです。
image
写真では全然伝わらない…。涙
この教会、あの芸術家のシャガールがステンドグラスを手掛けたことで有名なんですよ。
ステンドグラスひとつひとつが、本当に美しい。
image
ブルーの、
印象派の絵画にも見えるような、
ステンドグラスとは思えない色彩の鮮やかさが素晴らしい。
感動です。
 
私キリスト教でもカトリックでもないんですが、こんな教会だったら私毎日通う!
と思わせられるような教会でした。

人もそんなにいなくて、観光名所っぽくないような静かな佇まいも落ち着く。

これは、私が今までみたステンドグラスの中でナンバーワンかもしれません。
パリのサント=シャペル教会のゴージャスなステンドグラスには無い良さがこのステンドグラスにはあります。

ステンドグラス好きの人、ブルー好きの人、一度訪れる価値はありますよ!

また詳細アップしまーす!

マインツ、すごいな…。

ではでは。
Tschüss!

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。