1カップ=200mlじゃない!?フランスのレシピで日本人が注意したい分量

さすが美食の国フランス。

日本食に負けないほど、フランス各地の郷土料理の数は凄まじい量があります。

せっかくフランスにいるから習得しなきゃ〜と、レシピ本も何冊か購入。

お気に入りはこちら↓

livre recettes francaises
Petit Larousse des saveurs des régions de France


Les plats de nos grands-mères

でも、結局うちのクマさんがフランスの料理は作ってくれちゃうので、

全然上達せず…。

頑張ります!

フランスで1カップの容量は200mlじゃない!?

フランスのレシピの材料を見ていて、よく困ったのが分量。

日本の小さじ、大さじに当たる表現はこちら↓

1 cuiller à thé (café) = 5 ml = 小さじ
1 cuiller à soupe (table) = 15 ml = 大さじ

ところで、1カップ、フランス語では「1 tasse」ですが、分量いくつか知ってますか?

1 tasse (8 oz / 1 grand verre) = 250 ml = 1カップ

そうなんです。

日本の1カップは200mlなんですが、

フランスの1カップは250mlなんです!

私、これが原因で3回ぐらいはお菓子作り失敗しましたよ…。

ちなみにフランスで時々目にする「oz(オンス)」はこちら↓

1 oz = 35 ml

その他、分量についての表現下記サイトが参考になります↓(フランス語)

Tables de conversion

料理上手の我が家のクマさん、

料理本のレシピの材料欄をちらっと見たら、あとは感覚でやって、分量とか気にしてないんですよね〜。

こういうのは、やはり才能の問題なんですかね…。

ではまた!

Salut !!


Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。