フランス生まれの絵本『ぞうのババール』

小さい頃よく読んでいた『ぞうのババール』。

実はフランス生まれだったってこと、子育てしてから知りました!w

絵本に、国境なし。

どこの国の絵本か意識して子どもは読見みませんもんね。

我が家の息子もお気に入り♪

「ババール」は

パリ生まれの絵本作家ジャン・ド・ブリュノフによって生みだされ、1931年に出版されました。

2018年で生誕87年を迎えるロングセラーの絵本でもあるんですね。

ぞうの子どもババールが人間の世界に舞い降り、色んな人やことに出逢いながら成長していくストーリー。

大人になって、しかもフランス語で読むことになるとは思いもしなかったけど、

世代と国境を越えて読み継がれる絵本の偉大さを感じました♪
 

*おまけ*


冬のどんよりした悪天候が続いてたけど、久しぶりの晴天。

息子の定期健診に行ったらキャビネの待合室の窓から、

アルプスの山々とヨーロピアンな建物が織りなすグルノーブルな景色を拝めました。

みなさん、良い1日を⭐️

Salut !!

♥️Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! みなさまからのコメント(ページ下)お待ちしております^^(個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m)

▼Instagramフォローはこちら⇒ @saolin7

▼Twitterフォローはこちら⇒ @saolin7

▼saolinの欲しい物リスト(パトロン募集中)

saolinのAmazon.co.jp欲しい物リスト

saolinのAmazon.fr欲しい物リスト

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス(ローヌ・アルプ)地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と2人の息子(2歳と0歳)とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。