男性の助産師さん現れる!?フランスで2人目出産談その2

Bonjour !!

お腹の産後のたるみが深刻にヤバい、さおりん(@saolin7)です。

前回のブログ、

「経産婦は出産時間が短い」は本当!?フランスで2人目出産談

にひき続き、2人目出産談です。

助産師さんは◯◯だった……

陣痛から始まり、産院到着。

待たされること1時間弱、やっとこさ担当の助産師さんが登場。

ななななんと、助産師さんは

男性だったんです!!

ぎょぎょぎょ〜〜〜ビックリ!!!!!

しかも、若くて爽やかイケメン!!!!!!

そういえば、1人目出産した時も男性の助産師さんを1人見かけたけど、まさか自分の2人目のお産を男性の助産師さんが担当してくれるとは予期しておりませんでしたよ。

そういえばフランスの出産ドキュメンタリーの番組でも、

男性の助産師さんが出てたな〜。。。

助産師さんが女性だけなんていう考えは、もはや時代遅れなんでしょうね……。

日本や他の国でも男性の助産師さんって結構いるのかな???

分娩室へ

イケメン助産師さんに分娩室へ案内してもらい、モニタリング・子宮口の開き具合などをチェックしてもらいました。

この時点で3cm開いているとのこと。

「まだ出産まで時間ありそうだから、外を一時間ぐらい散歩してきても良いですよ〜」

と言われたけど、

きっと他の人のお産とかで忙しいから私たちにどっか外行ってて欲しいんだろうな〜とか思いつつ、

もう夜22時だし、さすがに陣痛のさなか夜遅くに出歩くのもなんか乗り気にならないな〜ということで、

そのまま部屋で待機することに。

まだまだ余裕があったので、分娩室の様子をちゃっかり写メにとっておりました。笑

そんな私を見て、クマさんはあきれ顔……。

陣痛の痛みを逃がすためのクッションや台などがありました。

実は2週間前から風邪をひいていて、ヒドイ咳に悩まされていたんですが、

お産が進むにつれて、このヒドイ咳と陣痛のダブルパンチが結構辛くなってきて、

クマさんに腰をずっとさすってもらってました。

 

放置されること1時間半ぐらい、助産師さんがやってきてまた再度チェック、子宮口は4cmに。

「部分麻酔(Péridurale)はどうする?」と聞かれたので、お願いすることに。

1人目の時は麻酔をお願いしてから待つに待たされ、2時間後ぐらいにやっと超眠そうで愛想の悪い麻酔科医が来てくれたんですが、

今回はサクサクっと、30分ぐらいで来てくれて、

しかも今回の麻酔科医の先生はテキパキで説明もちゃんとしてくれてホット一安心。

麻酔の注射を打ってもらってから再度助産師さんに子宮口の開き具合チェックしてもらったら、

いつのまにか7cmに!

子宮口が開きすぎていると麻酔が打てないようで、

早めにお願いしておりて良かった〜〜〜。

子宮口全開からが長かった

午前4時になって、子宮口全開の10cmに。

2人目だし、もうすぐ生まれるかな〜と思っていたのですが、

赤ちゃんがなかなか下りてこず。

色々ポーズを変えてみます。

が、なかなか下りてこず。

午前6時ぐらいに、ようやく下の方に下りてきました。

いよいよかな〜!?

と思ったら、骨盤の右付近に激痛が。

麻酔かけているはずなのに、何だこの激痛は?!

助産師さんいわく、赤ちゃんのポジションが原因かもとのこと。

そして今度は陣痛が弱くなってきているということで、陣痛促進剤を点滴。

午前7時になると、担当してくれていた男性の助産師さんが退勤のお時間に……。

「最後まで出産見届けられないけど、頑張って!」と。

私のお産は、別の女性の助産師さんに引き継がれることに。

相変わらず、激痛が続き、太もものつけねにも激痛が。

助産師さんから、赤ちゃんの方向を上手い具合にするようにポジションを変えたりと指導が。

ちゃんとしたポジションにおさまってきたのか、痛みが和らいできました。

なかなか下りてこなかった赤ちゃんでしたが、

その後、しっかり下りてこれ、

頭が見えてからがあっという間。

助産師さんから、「いきんで見ようか!」と言われ、

いきむと、

「そうそう!上手!!その調子!」

もう一度いきむと、

「そうそう、ストップ〜〜〜!上手すぎるから、一旦やめて〜〜〜!」

と、どうやら、いきみ方がかなり良かったらしく、すごい早さで出てきたよう。

3回いきんだら、

す〜っという骨盤回りのスッキリ感とともに、

赤子がおぎゃ〜っという泣き声とともに誕生してくれました。

2人目でも、この時の感動は1人目の時と全く変わらず。

「会いたかった〜〜〜!無事生まれてきてくれてありがとう。」

と涙したのでした◎

 

産後の続きはまた別の記事で。

ではまた〜!

コウノドリ(1) (モーニングコミックス)[Kindle版]

鈴ノ木ユウ 講談社 2013-09-20
売り上げランキング : 5084

by ヨメレバ

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密

パメラ・ドラッカーマン 集英社 2014-04-25
売り上げランキング : 19267

by ヨメレバ

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。