[お気に入りキッチン用品]フランスの各家庭に一つは必ずある「ル・パルフェ」の保存瓶

最近のお気に入り生活雑貨♪

ル・パルフェ(le parfait)の密封瓶

フランス生まれの実用性の高いガラス瓶。

ガラス瓶、日本だとアメリカのメイソンジャーが有名なのかな?

メイソンジャーも良さそうだけど、

個人的には、デザインと幅広いラインナップのフランスのル・パルフェの方が好きです☆

ガラスビンに食材を入れ保存する方法しかなかった時代より、ル・パルフェ社はフランス、シャンパーニュ地方の街、ランスで創業し発展を続けています。
1935年の創業より、ル・パルフェの密封ビンは変わらぬ高い品質で、お客様から信頼をいただいています。
砂がガラスビンとなり、天然のゴムはオレンジのパッキンへと姿を変え、ル・パルフェの象徴的な密封ビンとして生まれ変わります。
そして年間2,000万個の密封ビンを大型店から、街の雑貨店までお届けし、毎年売上げを伸ばし続けています。

http://www.leparfait.jp/leparfait/index.html

さりげなく「Le Parfait Super」と印字してある瓶♪

使い道は幅広く、

コーヒー豆、パスタやクスクス、お米やお砂糖など乾物を保存しておくのにも使えるし、

ジャムやトマトソースだったり液体系を保存するのにもピッタリ☆

丸みのあるフォルムとオレンジのパッキンがお洒落でキッチンインテリアとしてもグッド!!

割らない限り、永久に使い続けられるのでエコでもあります。

フランスのクマさんの実家のおばあちゃん&お母さんが、

毎シーズン、

自家製のジャムやパテ、パスタソースをル・パルフェの瓶に入れて持たせてくれます。

おばあちゃんからお母さん、子どもへと、ル・パルフェの瓶を通じて家庭の味が伝わっていきます♪

おばあちゃん・お母さんの味を堪能した後も、我が家で大活躍です^^

食材の保存に使ったり、

最近ハマっているケフィアを使った発酵ジュースを作るのに使ったり(↑)、

レモネードのシロップを作るのに使ったり(↓)。

あまりに使いすぎてヘビロテ状態。
瓶が足りないので、追加で買おうかと思ってます。

日本でも楽天やアマゾンや購入できるんですね♪

 

パッキンが痛んできたり、パッキンのニオイが気になってきたりしたら、
パッキンだけでも売ってるので簡単に交換可能♪

 

こんな感じの可愛いラベルシールを貼るのも良いですよね♪

食材の保存瓶としてだけでなく、
アイデア次第で、
観葉植物を育てたり、
インテリアや飾りとしても使えちゃいます♪

瓶なので、
重みが合って、
割れてしまうリスクがあるのがマイナス点ではありますが、
プラスティックの保存容器にはない瓶ならではの暖かみが良いんですよね〜!

きっとおばあちゃんになるまで大活躍してくれるハズ〜〜〜!

*おまけ*

3月ももう中盤にさしかかって、もうすぐ春〜と思いきや、最近は曇りと雨で肌寒い陽気が続いています。

晴れ間が訪れるとすかさず外に出るようにしてます♪

アパルトマンの間から見えるアルプスの雪山。

早く暖かくなってほしいけど、

グルノーブルならではの街中から拝める雪山の絶景ももうちょっと眺めていたいな〜、

と複雑な心境になる季節です^^;

 

ではまた!

salut !!

 

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。