[フランスオーガニック生活] オーガニック(ビオ)の洗濯用液体洗剤を作ってみたよ♪

フランスの洗濯用洗剤。

結構お値段が高くて、

3リットルで10ユーロ近くするんですよね。

しかも、ビオ(オーガニック)の洗剤となると、もっとお値段が高くなるんですよ…。

自分で作ったら節約できるかな〜と思い、

レシピを検索してみたら、

あるある!

ということで、

作ってみましたよ♪

オーガニックの洗濯用液体洗剤の作り方

参考にしたのは、こちらのサイト↓

Faire sa lessive soi-même : un premier pas vers l’autonomie

まず、必要な材料はこちら。

IMG_3112

今回は2リットル用です。

<材料>

  • マルセイユ石けん(savon de Marseille)25~30g (私はあらかじめ削ってあるのを購入。かたまりの石けんをチーズおろしなどで自分で削ってもOK!)
  • 重層(bicarbonate de soude)大さじ2
  • 白ビネガー(vinaigre blanc)大さじ2
  • お水2リットル

私は、BIOCOOPでオーガニックのを購入しました♪

値段を忘れてしまったんですが、

石けんが1kgで8ユーロぐらい。

重層が500gで5ユーロぐらい。

ビネガーが1Lで1.7ユーロぐらい。

それぞれ2リットルの洗剤を作るのに、

材料費は

25サンチーム+5サンチーム+2サンチーム

=32サンチーム

50円弱で作れちゃう!?

自分で作ればかなりお安いですね。

オーガニックにこだわりがなければ、普通のスーパーで買ってもっとお安くできるはず!!

<必要な道具>

  • 洗剤を入れる容器
  • *お好みでエッセンシャルオイル
  • *チーズおろし等の削り器(石けんを削るため)

IMG_3113
洗剤が入ってたボトルを再利用♪
IMG_3114

エッセンシャルオイルは日本の100円均一で買ったラベンダー♪

<作り方 La recette>

  1. 固形石けんの場合は、石けんを削る。
  2. 鍋に700mlの水を入れ沸騰させ、粉々にした石けん(25~30g)を入れる。
  3. よく混ぜる
  4. 重層大さじ2杯と白ビネガー大さじ2杯を加える。
  5. 火を止めそのまま放置、1時間後に700mlの常温の水を加える。
  6. 翌日、冷たい水600mlを加えよく混ぜる。
  7. 容器に入れる。
  8. お好みで、エッセンシャルオイルを数滴加える。

では写真つきで見ていきましょ〜!

1.固形石けんの場合は、石けんを削る。

IMG_3116

2.鍋に700mlの水を入れ沸騰させ、粉々にした石けん(25~30g)を入れる。

IMG_3115 IMG_3118

3.よく混ぜる

IMG_3119

4.重層大さじ2杯と白ビネガー大さじ2杯を加える。

IMG_3120

↑これは重層。

IMG_3121

加えると泡が立ちます。

IMG_3122

次にビネガーを加えます。

IMG_3123

 

5.火を止めそのまま放置、1時間後に700mlの常温の水を加える。

IMG_3129

6.翌日、冷たい水600mlを加えよく混ぜる。

IMG_3130

 

7.容器に入れる。

IMG_3791

8.お好みで、エッセンシャルオイルを数滴加える。

IMG_3792

これで完成!

意外と簡単じゃないですか!?

我が家では、今この自家製洗剤を使って洗濯機で洗濯してますが、

良い感じです。

液体がかたまりっぽくドロドロする時は、

蓋をしたまま容器振ってから使うと良くなります。

市販の洗剤に比べて洗浄力は若干弱いかな〜と思うので、

ようにしてます。

しかし、

10ユーロ近くで買ってた洗濯用洗剤、

自分で作ったら35サンチームでできちゃうなんて…!

節約したい、エコにしたい、みなさま、

ぜひお試しあれ!

ではまた☆

Salut !!

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。