グルノーブルからニースを想う #PRAYFORNICE

去年11月に起こったパリでのテロ以来、

何かイベントがあるたびに

「また何かテロが起こるのでは…」

と常に頭によぎってました。

7月14日のフランス独立記念日も、

何もないと良いけどと思ってたけど、

起こってしまいましたね。

500km離れたパリと比べ、

グルノーブルから300kmしか離れてないニース。

“もしバカンスでニースに行っていて、

花火を見に行っていたとしたら…。”

と考えるとぞっとします。

↓これは、実際にテロの救助の現場を目撃した5歳の子が描いたデッサン。


フランスのルモンドの記者Lucie Soullier氏に絵を見せながら、その時の出来事を語ったと言います。

5歳の子が、

一生、

この時この瞬間の出来事を脳裏に焼き付けて生きていくんだと思うと、

そして、

こういう子たちが次の時代を創っていくんだと思うと、

一児の母としても、

色々考えさせられてしまいました。

 

事件から一夜明けたグルノーブル。

#prayfornice

晴天とアルプスの山々。

グルノーブルから、

#PRAYFORNICE

♥️Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! みなさまからのコメント(ページ下)お待ちしております^^(個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m)

▼Instagramフォローはこちら⇒ @saolin7

▼Twitterフォローはこちら⇒ @saolin7

▼saolinの欲しい物リスト(パトロン募集中)

saolinのAmazon.co.jp欲しい物リスト

saolinのAmazon.fr欲しい物リスト

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と2人の息子(2歳と0歳)とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。