お鍋を使って演奏♪小さい子どものためのミュージカル・ショー「popotes & comptines」

先日、1歳児からでも楽しめるミュージカル・ショーに行ってきました♪

(Tさん&Kさん&Sさん、ありがとうございました〜♪)

popotes & comptines

photo musique 12 mai 2016

「popotes & comptines」の意味ですが、

「popote」は「料理、炊事」

「comptine」は「はやし歌」

ということで、

使われている楽器はお鍋やカンカンなど、お料理に使われるような身近なもの♪

子どもたちの注意を引くような、面白い音を色んな道具(楽器)を使って演奏してくれます。

ショー自体は、20分と短め。

大人からすると「あれ、もう終わり?」っていう感じだったんですが、

小さい子どもでも飽きずに鑑賞するにはコレぐらいの時間がベストですよね。

ショーが終わったあとは、子ども達にも音楽をより楽しめるように楽器達に触らせてもらえます♪

musique spectacle

↑バトンを持ってドヤ顔のクマ子。笑

ドヤ顔は良いのですが、クマ子にとってはバトンは音を奏でるためじゃなく、噛むためのもの。

クマ子の口の中にバトンは直行していきました。泣

この「popotes & comptines」のミュージシャンのCharles Gambiez氏は、保育園や児童館など色んなところで演奏してるみたいです。

ホームページ&紹介動画もありました♪↓

popotes & comptines

https://popotesetcomptines.wordpress.com/

小さい頃から、こうやって音楽に身近に触れ合える環境があるって恵まれてますね〜♪

こういうショーに時々行くと、雰囲気変わって良かったです。

またちょこちょここういうイベントに顔出してみたいと思います^^

ではまた〜!

Salut !!

 

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。