フランス、2016年サマータイムスタート!1時間の時差の身体への影響は…?

今年もこの時期がやってきました。

時間変更Changement d’heure(シャンジュモン・ドゥール)でサマータイム(L’heure d’été)になります。

black-and-white-hand-vintage-numbers-medium

フランスに来てからこの時間変更経験するの4回目なんですが、未だに慣れない…。

今回は冬時間から夏時間への変更なので、1時間早めます。

日本との時差は、冬時間だと8時間あったのが、7時間に縮まります。(日本の時間の方が先に進んでます)

3月27日(日)の午前2時になった時点で、1時間早めて午前3時にします。

なので、睡眠時間的に言うと1時間損するんですよね…。辛い…。

逆に夏時間から冬時間の方が1時間多く睡眠取れるんで得した気分になります。

フランスのニュースサイトなども、その話題の記事がたくさん。

Le Mondeではこんな記事が。

Le « jet-lag » de l’heure d’été : tout dans la tête ?

「時差の身体への影響」について専門家による意見が述べられていました。

« Quand on parle de décalage horaire, le cycle biologique commence à être perturbé au bout de trois fuseaux horaires, soit trois heures, et la désynchronisation devient importante au bout de cinq. Une heure de décalage correspond à un vol Paris-Londres, ce qui est quasi insignifiant. »

Une heure n’est pas suffisante pour dérégler durablement le cycle. « On met en général deux ou trois jours à se remettre d’un décalage de trois heures et à peine un jour pour un décalage d’une heure », calcule le scientifique.
En savoir plus sur http://www.lemonde.fr/planete/article/2016/03/27/le-jet-lag-de-l-heure-d-ete-tout-dans-la-tete_4890787_3244.html#xLdl05DGwZQuMiVS.99

 

専門家によると1時間の時差はほとんど身体への影響はないそうで、1日もすれば身体は通常通りのサイクルに戻るそう。

なので、日曜丸一日使って休めば影響なしってことなんでしょうね。

これが3時間の時差だと、身体を通常のサイクルに戻すまでに2、3日かかるそうです。

 

*おまけ*

サマータイム記念でも何の記念でも全くありませんが、わがやの子グマはジャパニーズ仕様。

IMG_1190

袴に着替えてみました。

日本帰国時に買った80cmの1歳〜1歳半用の袴。

1歳の記念に着させようと思ってたんですが、9ヶ月の時点で既にちょうど良いんですけど…。

なんとかあと3ヶ月持ちこたえてくれることを願います…。

 

ではまた!

Salut !!

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。