[フランス育児] 家で疲れた時は、歩き始めの幼児と一緒に図書館へ

よちよち歩き始めた我が家のクマ子。

手を離して5歩歩けるようになり、次の日には8歩、今は10歩ぐらい歩く時も。

最近アルツハイマーではないかと思うぐらい、日に日に記憶力が衰えていく自分とは対照的に、

驚くべき早さで成長していくクマ子に圧倒されている毎日です。

小さい我が家のアパートでは、クマ子の動き回りたい欲求が満たされないようで、最近良く家の中だと癇癪を起こすんですよ。

早く外出せ〜とでも言うかのように。

もしや、朝から晩まで公園で遊びほうけて母を困らせていた私の血を受け継いだのか…。

似て欲しくないところが遺伝するんですよね…、親子って。

公園はさすがに寒くて長居できないので、図書館に行くことにしました!
IMG_0302

学校がバカンス中なので子どもの姿がいつもより多い。

クマ子はベビーカーからおろすなり、ご機嫌。

一応本を触ってはいますが、目は本をそっちのけに、回りの子どもたちに釘付けでした。bebe bibliotheque

そしたら、偶然にもクマ子の近くに日本人親子の方に遭遇。

色々お話することができました。

素敵な出会いに感謝!(Wさんありがとうございました〜!)

グルノーブルって、中国人はいるけど日本人はものすごく少ないかな〜と思いきや、意外と日本人いるんですよね。

大学・研究関係の中心地であるグルノーブル、なめてはいけません。
IMG_0297

帰り道、雪化粧がキレイなベルコールの山が見えましたよ♪IMG_0298

ではまた〜♪

Salut !!

 

♥️Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! みなさまからのコメント(ページ下)お待ちしております^^(個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m)

▼Instagramフォローはこちら⇒ @saolin7

▼Twitterフォローはこちら⇒ @saolin7

▼saolinの欲しい物リスト(パトロン募集中)

saolinのAmazon.co.jp欲しい物リスト

saolinのAmazon.fr欲しい物リスト

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス(ローヌ・アルプ)地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と2人の息子(2歳と0歳)とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。