チョコ好きにはたまらない、フランスVALRHONAのチョコレート博物館

フランスのローヌ川左岸の小さな美しい町、タン=レルミタージュ(Tain-l’Hermitage)」の続きです。

この小さな町には、チョコ好きにはたまらない博物館が…。

またまた行ってきましたよ〜!>▽<
IMG_0040

シテ・ド・ショコラ・ヴァローナ (Cité du Chocolat Valrhona)

以前紹介したシテ・ド・ショコラ・ヴァローナ

IMG_0053

ヴァローナのロゴって、なんとも高級感溢れるロゴですよね。さすが老舗。

名だたるメーカーやショコラティエの原料となるチョコレートを提供しているだけあります。

私たちは車で来たんですけど、バスで目の前までも来れますよ♪
IMG_0041

ここ↓はブティックの入り口。チョコレートだけ買いにくることもできるんですよ♪

IMG_0042

こんな銅像(!?)もあります。笑
IMG_0044

というわけで、またチョコレート美術館を見学しに行ってきました〜。

IMG_0043

前回行った時は妊娠中だったんですけど、今回はベベも一緒です〜。

bebe valrhona

クマ子、ヘッドホンがお気に入り。壊す勢いで振り回してます。

残念ながらクマ子はまだチョコ食べれないんでね。

その分、ヘッドホンでストレス発散です。

美術館内の様子・詳細については前回のブログを見てくださいね〜。

前回と違い、入場料が午前入場は7,8€、午後9,2€になっていました。前回は一律10,5€だったのでちょっとお安くなってる!?

今回も追加1ユーロで参加できるアトリエに申込ました☆

満員ですね〜。

IMG_0061

プレゼンターのお姉さん、面白かったな〜☆

IMG_0062

アトリエの他にも、チョコについてのまめ知識をこのお姉さんがデモンストレーションしてくれるタイムがありましたよ☆

こんな生のカカオを触らしてもらいました♪
IMG_0055

しっとりしていて新感触。カカオのほんのり良い香り。IMG_0056

まめ知識の中に、「日本人はバレンタインデーでは女性から男性にチョコをプレゼントする。これは本当?嘘?」って言うのがあって、観客のみなさんはコレが本当だと知って驚いていましたよ。笑

日本のバレンタインの慣習がフランスでトリビアになってるのが面白かったな〜。

あと、今回は新しい展示があって、去年年末からスタートしたマダガスカルの特設展示がおNEWでありましたよ〜。

特設展示は単体で2,5€でも入れるんですが、美術館に入場した人は追加料金なしで1時間に1回、スタッフさんの案内のもと、外の特設会場に行けます。

IMG_0057

アフリカ気分が味わえます〜。IMG_0058

マダガスカルの80%の植物は、マダガスカルにしか存在しないんですって。すごくないですか!?マダガスカル行ってみたいな〜。IMG_0059

もちろん、食べ物についての展示も!
IMG_0060

マダガスカルのスパイスを嗅げる展示も♪

bebe dodo pousette valrhona

クマ子、終わり際には疲れてご就寝。

お疲れさまでございます♪

次来る時は、チョコ食べれるかな〜?

大人たちは、チョコの食べ過ぎでお腹ぱんぱんです。これは夕飯抜きだな…。

チョコ好きの方はぜひ行ってみて下さいね〜♪

http://www.citeduchocolat.com/fr

ではまた☆

Salut !!

 

 

 

 

 

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。
「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。