パリテロ後もパリはパリ、グルノーブルはグルノーブル、フランスはフランス。そして地球は回る。

世界を震撼させた11/13のパリでのテロ事件からもう2週間が経ちました。

 

グルノーブルはもう秋を通り越して、冬。

一気に寒くなりました。
20151115_134134

パリから離れたグルノーブルでも、テロ後の家宅捜査でイスラム過激派が逮捕されました。

百貨店やスーパーやでは警察が巡回。

ギャラリーラファイエットに行ったら、警備員にかばんの中をチェックされました。

Victor Hugo公園近くのサン・ルイ教会(Eglise Saint Louis)前にはテロ犠牲者追悼の花やろうそく達。

20151123_102801

全く同じ場所でこの風景に見覚えが…。

そう。

それは今年始めにパリで起きた、シャルリー・エブロ襲撃事件の時。

image

この写真は「テロの後:フランスの田舎の街ではこんな感じ」で紹介しました。

2015年、テロで始まりテロで終わろうとしている1年。

テロを通じてこの1年、フランス人の精神「自由・平等・博愛」の精神は壊されること無くむしろ強まっているように感じます。

前回「こんな悲しい事件、二度と起きないことを願う」と言いましたが、そんな甘っちょろいこと言えませんね。

また絶対起こりますよ。

世界のどこにいようが、いつ巻き込まれるかもはや分からない状況。

情報は自分の目と耳で嗅ぎ分け、自分の身は、自分で守るしかないです。

 

回りを見渡すと、グルノーブルを囲むアルプスの山々のてっぺんは雪に覆われてきました。

どんな悲しいことがあっても、四季は移り変わり、時は流れ、地球は淡々と回っていきます。

 

2016年はどんな一年になるのかな〜と考えてしまう、年末のこの頃です。

ではまた〜。

Salut !!

 

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。