フランスに移住して1年。雑感まとめ。

去年夏にフランスに移住してから、なんと1年が経過しました。

(参考:フランスで生活し始めて1ヶ月。雑感まとめ。

V0QDNA7APF

まず一言。

早い!!!

本当あっという間です。

留学したことないのですが、良く聞く”1年間留学”ってこんなあっという間なんですね。

 

しかも、家族が一人増えました。

成田空港を飛び立つ時には、想像さえしていませんでした。

私のフランス1年目は、フランスでの結婚式ではじまり、そして妊娠、出産で終わった1年でもあります。

1年経って思うところを今回はまとめたいと思います。

 

移住したからといって、フランス語が上達する訳ではない

これ結構重要です。

”フランス1年いました”なんて言うと、”じゃあフランス語喋れるんだね〜!すごい〜!”なんて言われそう(というか言ってました)ですが、そんな喋れるようになるもんでもないです。

もちろん、日常会話ぐらいは何とかできるようになりますが…。

色んな日本人の話を聞いてると、2年ぐらいフランスにいても、英語や日本語が通じる環境にいるとボンジュールとメルシーしか未だに言えないなんて人もゴロゴロいます。

語学学校に行けば上達するかというと、そうとも一概には言えません。

語学学校には中国人とか結局外人だけで、フランス人は先生だけで、内容も文法的なものだと、なかなかフランス語を実践する機会がなかったりします。

結局は、個人の相当の努力が必要とされます。

私は、移民局のチェックをパスして語学学校には通わなかったのですが、妊娠も重なってつわりなどで家に1人でいることが多く、なかなかフランス語を強制的にめちゃくちゃ使うって環境にいなかったのでイマイチ。

家にいるときはひたすらフランスの映画を見たり(我が家テレビ画面はあるのですが、テレビはつながってなくて見れないんですよ…。)、フランスの雑誌・新聞を読むようにしてました。

移住して半年後ぐらいから、努力実ってちょっとした翻訳の仕事をもらえるようになりましたが、自分の目指すフランス語のレベルには全然到達できてません。

これ2年目の課題です。

レベルアップのために学校に行くかも検討してます。

でも机の上の勉強嫌いなので、個人的にはちょっとしたアルバイトとか仕事で実践的に学びたいと思ってます。

1年目は手続きに始まり、手続きに終わる

散々ブログでも愚痴をこぼしてきた、フランスの手続き事情。

お役所の方々の仕事を維持するために、”どんだけ手続き煩雑にしてんのよ(怒)”ってぐらい時間かかります。

保険証貰えるのに半年かかったのは辛かった(とあるフランス人の知り合いは1年かかったって!!)。

1年目は、移民局の手続きに始まり、社会保障や住宅関係など、なにかと手続きに追われていました。

日本から再度書類を集めなきゃ行けなかったりすると、苦労は2倍に。

年末もまた滞在許可証の更新が待ってるし、2年目も、引き続き手続き終わる気がしません。涙

寛容になった、時間にあくせくしなくなった

ずばり、心が広くなりました。

というか、回りを見る余裕ができました。

日本の東京にいた時は、今思えば心の余裕全然なかった。

交通機関とかサービスとか充実しすぎてるから、ストライキがあって急遽電車に乗れないとかいう”イレギュラー”に遭遇することは滅多になし。

だから、分刻みで予定とか入れていたし、逆に何もしない時間が不安でしかたなかった。

けどフランスだと、予定通り、思い通りにいかないことばかり。

”あ〜、またか”と思えるような、心に余裕がないとやっていけません。

諸々干渉されない

フランスいると、基本皆が自分一番なので、他人のことを気にしません。

日本だと人と違うことをやったりすると、冷たい視線を浴びますが、こっちだとよっぽどのことをしでかさない限りそんなことないです。

例えば、子育てで母乳で育てるかミルクで育てるかについては、選択肢はママにあります。

病院で母乳育児がどれだけ良いかについて延々と語られるとかいう洗脳はないです。

”私はこうした方が良いと思う””私だったらこうする”ということはハッキリ言われますが、それをみんながそうしなければいけない暗黙の了解や一般常識として押し付けてこないので、自分で判断し行動できる自由が確保されてます。

これ、意外と楽ですよ。

日本の外に出るまで、干渉されないというこの解放感をしりませんでした。

逞しくなった

これ、海外にいる人みんなだと思うのですが、本当逞しくなります。

逞しくならないと生きていけません。

自分の権利ははっきり主張しないと、損します。

以心伝心とかないです。

また、予想外のハプニングに見舞われることが多々あるので、

ちょっとやそっとのことじゃ動じない鈍感力が身に付きます。

 

2年目に向けて

フランスに移住して1年、今住んでいるグルノーブルに住み初めてから8ヶ月。

2年目は子育てメインにしつつ、フランス語とスキルアップの年にしたいと思います。

そして、グルノーブルとフランスの地方の開拓をもっとしていきたい。

都会も良いけど、地方は良いですね。

空気がきれいで、自然もあって、人も心穏やかな人が多いです。

満員電車に出くわさないのは、本当気持ちがいいです。

日本の都会の通勤ラッシュにはもう戻れません。

日本でも地方に移住する人増えてますけど、海外の地方移住もオススメですよ。

フランスの地方は、パリにはない魅力で溢れています。

もっと情報発信していきたいますね〜!

 

ではでは、また〜☆

Salut !!

*おすすめ記事*

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。
「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。