フランス人は愛情表現たっぷりって本当?!

同じ国の日本人との恋愛だって大変なのに、異文化で育った外国人との恋愛となるとさらに悩ましいですよね。

アムールの国フランス人との恋愛となると、実際どうなの?

フランス人の旦那がいるというと、色々聞かれることが多いですが、“フランス人は愛情表現たっぷりって本当なの?”とよく聞かれます。

答えはYesとNo。

自分の旦那を含め、色んなフランス人を見てきましたが、本当フランス人でも千差万別。

“フランス人は愛情表現たっぷり”な場合もあるし、口下手だったり愛情表現が少ないフランス人がいるのも事実。

特に日本人や日本文化、日本アニメが好きなフランス人の中には、ちょっとシャイな人だったり、いわゆる日本人的な性格だったりもいます。

ひとつ言えるのは、圧倒的にフランス語の方が愛情表現しやすいということ。

愛情を表現する語彙が多い上、言いやすい。

私のパートナーはフランス人で日本語が話せるのですが、私は彼に日本語で“愛してる”とか、何故か歯がゆくて言えません…。

フランス語で”Je t’aime”の方が断然言いやすい。

フランス人の恋人がいる日本人のみなさんはどっちの言葉で言ってるのかな?

間とって英語の”I love you”だったりして。

結構、日仏カップルの会話の言語って”英語”が多いですよ。

日仏カップルが出逢った時、お互い相手の国の言語は分からないから英語を使ってコミュニケーション。次第に互いの言語を習得して、後々会話の言語が日本語になったりフランス語になったり。

我が家は日仏ミックスで、最近我が家オリジナル”日仏造語”使ってますよ。

”Ca va(大丈夫)だよ!”とか…笑

造語がどんどん増えていってます。

喧嘩の時は、母国語ですね。威力が増して効果的です。

ちょっと話がズレましたが、フランス人といっても十人十色。

愛情表現の仕方も違って当たり前。

もし気になっているフランス人がいて、”愛情表現をそんなしてくれないんだけど、私のこと嫌いなのかな?”とか心配するのは早とちりの場合もありますよ。

フランス人という枠をとっぱらって、その方の”人となり”を受け止めていって素敵な愛を育んで下さい〜!

*おすすめ記事*

ではまた〜!

Salut !!

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。