フランスで出産☆予定日経過してもまだ生まれないべべ

生まれました〜!

とみなさんにご報告したいところですが、

出産予定日が6月12日なのですが、予定日を超過してもまだ出てきません〜。

しかも、フランスの予定日は日本の予定日より1週間遅いので、日本の予定日からは7日経過してることになります。

う〜。

切迫早産気味と診断されたのに、結局早産ではなく遅産ですよ。

回りからは「まだなの?」というお問い合わせ殺到。w

image入院グッズも絶賛待機中なのに…。

そんなわけで、経過を調べに産院に行ってきました。

最後の検診の時に、予定日までに出産しなかったら、予定日前日に電話するようにと言われていたのですが、忘れてしまい予定日当日に電話して予約をとりました。

まず子宮口のチェック。

閉まりきってないので、出産はそんなに先ではないとのこと。

そのあとNST(ノンストレステスト)をして、ベベの鼓動と陣痛のチェック。

べべはオリンピックの選手並みに元気だというお墨付きをいただきました。

最後にエコをしてもらいました。

エコでは主に羊水のチェック。羊水が少な過ぎると危険だけど、まだあるみたいなので、とりあえず大丈夫。

あと、ついでに推定体重を調べてもらいました。

推定3600g!

わ〜、でかっ!

フランスでは3500g前後は全然普通みたいですね。

日本だと3000g弱が多いのかな?

まあ、4000g推定されなかっただけ良かった。

あくまでも推定なので、誤差はあるよ〜とのこと。

パパも3600gで生まれたので、パパの血を受け継いで生まれて来そうです。

きっと子グマみたいな子だろうな…。

赤ちゃんはすこぶる元気なので、生まれなければまた2日後に検診。

遅くても4日後には陣痛誘発の処置を取りましょうということになりました。

またご報告しますね〜♪

家に帰ったら、ナプキンに血が付いていました。

おしるしではなく、おそらく検診によるものだと思われます。

恥骨と太ももの付け根がギシギシ痛みます。

どうなることやら〜。

ついこないだ出産したフランス人の友達は予定日の6日後に生まれたっていうし、ママは気長に待つしかできません。

[オススメ関連記事]

ではでは☆

Salut !!

 

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。
「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。