グルノーブルの産院Le Groupe Hospitalier Mutualiste de Grenoble (GHM)

GHM

妊婦の悩み、産院選び。

みなさん苦労されますよね。

私はジネコ(産婦人科医)の先生がオススメしてくれた、

Le Groupe Hospitalier Mutualiste de Grenoble (GHM)という病院で出産予定です。

Le Groupe Hospitalier Mutualiste de Grenoble (GHM)
image
私が住んでいるグルノーブルは医療機関が充実しているみたい。

私が出産予定のGHMも総合病院で、アルジェリア大統領もこちらで治療を受けたことがあります。

既に出産した人に聞いてみても、評判良いみたいなので今のところ安心です。

 

産院の予約は、こちらの病院は最初のエコグラフィー撮影後、なので妊娠3ヶ月後から予約可能でした。

無事にあっさり予約できました。

クマさんに電話で予約してもらったのですが、その後病院についてのパンフレット、出産準備についてのパンフレット、あと出産準備クラスについてなど色々郵便で送られてきます。

日本だとごく普通ですが、フランスで受けてきた今までのサービスの中で一番まともな気がする…。

image

imageimage入院時の必要なリストなども記載されています。

 

妊娠7ヶ月まで産婦人科医に見てもらって、8・9ヶ月は産院で検診してもらいます。

すでにフランスの母親学級のようなもので、出産準備クラス(Cours de préparation à la naissance)があって早速行ってきたのですが、施設も比較的新しい感じでした。

出産についても、計画的な出産を促したりせず自然な分娩を推奨しているみたい(もちろん無痛分娩主流ですが)。

[オススメ関連記事]

またご報告します〜♪

ではまた☆

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。
「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。