フランスの正月と言えばコレ!1月はガレット・デ・ロワ祭り♪

日本でもパン屋さんやケーキ屋さんで、クリスマスが終わって正月始まりから、こんなの見かけたことないですか?

ガレット・デ・ロワ Galette des Rois

ガレット・デ・ロワは丸い形をしたケーキ。

パイ生地にアーモンドクリームが入っているものが一般的で、南フランスではブリオッシュ・タイプのものもあります。

image

「ガレット(galette)」とは円形のお菓子、「ロワ(roi)」とは王様のこと。

つまり「ガレット・デ・ロワ(galette des Rois)」は「王様のケーキ」という意味になります。

image

このケーキにはなくてはならないものがあります。ガレット・デ・ロワを買うと、必ず入ってきます。

一つは、紙でつくった王冠

もう一つは食べてみないと分からないのですが、ケーキの中に入っている小さなフェーヴと呼ばれる陶器製の小さな飾り。

ガレット・デ・ロワを切り分けてそのフェーブが当たった人は女王様、王様として祝福され、幸運が 1 年間持続すると言われています。

image

 

私も見事フェーブが当たって女王様に♪

といってもパートナーのクマさんと2人で分けて食べたので、当たる確率50%なのですが…笑

子牛のフェーブが入ってました☆
image

可愛いフェーブが一杯で、コレクションするだけでも楽しそうです☆

 

今年はガレット・デ・ロワを既に3つ食してしまいました♪

みなさんも是非正月のお祝いに試してみて下さいね☆

ボナペティ☆Bon appetit!

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。
「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。