田舎にもたくさんあるよ☆フランスのビオBIOのお店

日本だと、一部の富裕層や感心の高い人にしか受け入れられてない感じだけど、フランスを始めヨーロッパでは普通のスーパーにもBIOやフェアトレードの商品が置いてあります。

今住んでいる、パリとかに比べてそんなに大きくない街グルノーブルGrenobleにもビオBIOのスーパー結構あります。

 

おちらはお気に入りの「ロー・ヴィブ(L’Eau Vive)」。image

image

普通のスーパーだとあまり売っていない、“アガベシロップ”とか売ってて助かります。

アガベシロップ”はベジタリアンヴィーガンのお菓子作りたい時に重宝するんですよね。

大好きな玄米(Riz rond complet)とか買っています。BIOだからってそんなに高くなくて、3ユーロ(約450円)ぐらいで買えます。

image

 

あとラ・ヴィ・クレール(La Vie Claire)っていうBioのお店もお気に入りです♪

image

日本だと、ビオBIOの商品だとすごい高かったりして、ついついビオBIOではない安いのに手がいってしまいがちですが、

ヨーロッパだとそんなに値段が変わらなかったりして抵抗なく買えます。(もちろん高いのもありますよー)

友達にもベジタリアンの人とか結構いるけど、フランスをはじめヨーロッパは日本よりも断然ベジタリアンの人には暮らしやすいと思いますー。多分アメリカとかもベジタリアンの人には住みやすいって聞くし、日本でも広がると良いですね〜。

日本人とドイツ人のベジタリアンのお友達、お肌がめっちゃ綺麗でやばかった。

美容は食べ物からっていうのも、納得。

甘いものばっかり食べてないで、気をつけよーっと!

では、また〜♪ A bientot!!

Instagramやってます♪フォロー大歓迎!

Merci d'être sur mon blog! / Thank you for reading this blog 🙂 いつも読んでくださってありがとうございます!! コメント欄(ページ下)再開しました♪みなさまからのコメントお待ちしております^^ ※光栄なことに個別の質問・メッセージ、ましてや恋愛相談までいただくのですが、わんぱく坊主の子育てに仕事にバタバタしておりまして…。(泣)個別にお返事できない場合もありますので、ご了承ください…m(__)m

ABOUTこの記事をかいた人

Saolin

フランスのアルプス地方在住のママライター・翻訳者。 「パリもイイけど、フランスの地方はもっとイイ」ということを発信すべく、フランス人旦那と1歳男児とのフランスのアルプスでの日常をブログで綴ってます。